がん保険ラボ|おすすめ人気ランキングとFPが教えるガン保険選び方

未分類

オリックス生命がん保険Believe[ビリーブ]の評判って?FPが徹底評価!

更新日:

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

オリックス生命がん保険Believe[ビリーブ]の詳細とメリット・デメリット

数多くの保険会社が販売しているがん保険の中でも、各メディアに高く評価されているのがオリックス生命がん保険Believeです。

診断確定時の保障が手厚く、上皮内新生物でも同額保障されるという魅力があります。

しかし、2回目以降の保障が手薄になる、がん診断されても保険料の支払いを続けないといけないなどのデメリットも。

今回は人気のがん保険Believeの詳細、2つのメリットと3つのデメリット、評判、そしておすすめできるがん保険なのかどうかを解説します。

オリックス生命がん保険Believeの詳細

各メディアが実施するがん保険ランキングで第一位を何度も獲得しているのがオリックス生命が販売するがん保険Believeです。

診断確定時と入院したときの保障が手厚いのが大きな特徴です。

今回は数あるがん保険の中でもトップクラスの人気を誇るがん保険Believeの秘密を解き明かしていきましょう。

がん保険Believe人気の秘密を明かすためには保障内容と保険料などを見ていくことが一番です。

まず1つはっきりさせてておくと、がん保険Believeの保険料は安いです。

それが人気の理由の1つ。

ここからはがん保険Believeの基本保障、プラン、保険料のシミュレーション、加入・解約方法を解説します。

がん保険Believe5つの基本保障と2つのオプション

がん保険Believeにはがん治療で必要となるほとんどの保障が始めから主契約に含まれています。

特に診断給付金と入院給付金の保障内容は手厚いので、絶対に注目するべきです。

以下ががん保険Believeの5つの基本保障と2つのオプション保障です。

・がん初回診断一時金(基本保障)
・がん治療給付金(基本保障)
・がん入院給付金(基本保障)
・がん手術給付金(基本保障)
・がん退院一時金(基本保障)
・がん先進医療給付金(オプション保障)
・がん通院給付金(オプション保障)

保障内容で特に大切なのは、どんなときに給付金が支払われるのかを確認することです。

がん保険Believeの保障内容を早速確認していきましょう。

がん初回診断一時金・治療給付金

初めてがん診断されたときに支払われる給付金が、がん初回一時診断金。

がん初回一時診断金は、基本給付金額の100倍で100万円か50万円です。

がん初回一時診断金は、保障期間中に1回のみの支払いとなります。

がん治療給付金は、がん治療を目的に入院したら支払われる給付金です。

治療給付金額は基本給付金額の50倍で50万円か25万円。

支払回数は無制限ですが、2年に1回が限度です。

がん入院給付金

がん治療を目的とした入院をしたときに支払われるのが、がん入院給付金です。

がん入院給付金額は、入院日数×基本給付金額10,000円か5,000円です。

日帰り入院から保障されて、給付日数が無制限なのは嬉しいですね。

がん手術給付金

がん治療を目的として所定の手術を受けたときに支払われます。

支払給付金額は給付金額の20倍で、支払回数は無制限です。

そのため、がん転移・再発が起きた場合の手術でも、金銭面で心配する必要はありません。

がん退院一時金

がん保険Believeでは、なんと退院したときにも給付金が支払われます。

支払条件は、がんで10日以上の継続入院後。

がん給付金額は基本給付金額の10倍で、支払回数は無制限です。

がん先進医療給付金

がん治療はたくさんありますが、中には健康保険が適用されない治療もあります。

その代表格といえば、最先端の技術を使用した先進医療です。

200万円を超えることもある先進医療費を全額補助、通算2,000万円限度してくれるのは助かりますよね。

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

「先進医療は受けないから特約で付帯する必要はない」という方は少なくありません。

しかし、その先進医療がベストな治療となる可能性は高くあります。

その時に、家計を圧迫して技術料を支払うもしくは諦めることになると、大きく後悔するでしょう。

先進医療を受ける可能性は誰にでもあるので、付帯することを強くおすすめします。

がん保険Believeの保険料とプラン

がん保険Believeは基本給付金額でプランが変わります。

プランは基本給付金額10,000円と5,000円プランの2タイプ。

基本給付金額が高い方が保障は充実していますが、その分だけ保険料も高くなります。

また5,000円プランは50~75歳の人しか加入することができません。

以下が2つのプランと保障内容をまとめた表です。

保障内容 基本給付金額10,000円コース 基本給付金額5,000円コース
がん初回診断一時金 初回のみ100万円 初回50万円
がん治療給付金 1回につき50万円 1回につき25万円
がん入院給付金 1日につき10,000円 1日につき5,000円
がん手術給付金 1回につき20万円 1回につき10万円
がん先進医療給付金 先進医療にかかる技術料と同額 先進医療にかかる技術料と同額
がん退院一時金 1回につき10万円 1回につき5万円
がん通院給付金 1日につき10,000円 1日につき5,000円

これから実際に保険料のシミュレーションをしてみます。

先に結論だけ述べておくと、がん保険Believeの保険料は非常にお手ごろです。

がん保険Believeの保険料と保障シュミレーション

今回は契約者年齢30歳という条件でシミュレーションをしてみます。

保険は年齢が高い時期に加入すると保険料が高くなるという性質があり、男性と女性で少しだけ保険料が変わってきます。

もしがん保険Believe加入を考えるならば、あなたの条件に当てはめてシミュレーションをしてみましょう。

シミュレーションはオリックス生命の公式ホームページから行うことができます。

【契約状況】
・契約者男性30歳

【シミュレーション結果】

プラン 基本給付金額10,000円通院保障なし 基本給付金額10,000円通院保障あり
毎月の保険料 月々2,580円 月々2,990円

・契約者男性50歳

プラン 基本給付金額5,000円通院保障なし 基本給付金額5,000円通院保障あり
毎月の保険料 月々2,800円 月々3,265円

がん保険Believeの保険料払い込み方法は以下の3つがあります。

・月払い
・半年払い
・年払い

保険料はまとめた払った方がお得になります。

つまり、年払いが一番得する払い込み方法だということです。

30歳の男性が通院保障まで付帯された10,000円プランに年払いで加入したとしましょう。

すると、毎年の保険料は34,983円。

月払いにすると34,983÷12=2,915円。

月払いだと2,990円だったので、月75円得していますね。

少しでも保険料を抑えたい方は、年払いにするといいですね。

がん保険Believeの加入方法

がん保険Believeの申し込み方法は3つあります。

対面、郵送、インターネット申し込みです。

どの申し込み方法を選んでも、保障内容や保険料は変わりません。

また、加入の際には告知義務があります。

以下が各申し込み方法の加入までの流れです。

【対面】

対面での申し込みは、がん保険Believeを取り扱っている来店型保険ショップに向かう、もしくは保険のプロであるFPやオリックス生命の保険相談員に自宅や都合のいい場所に来てもらいます。

契約までの流れは主に以下の5ステップです。

1.ウェブで相談の予約
2.相談
3.加入手続き
4.審査
5.契約成立

【郵送】

郵送での申し込みはパンフレットに含まれている申込書類を送り返すことで加入手続きが終わります。

以下の4ステップが契約までの流れです。

1.電話やウェブから資料請求
2.申込書類に必要事項を記入して送付
3.審査
4.契約成立

【インターネットでの申し込み】

インターネットでの申し込みは、オリックス生命のウェブサイトから行います。

申し込み手続きの流れは、以下の3ステップで行われます。

1.インターネットで申込み
2.審査
3.契約成立

オリックス生命のウェブサイトは毎日午前3~5時までメンテナンスが行われています。

メンテナンス中には申し込み手続きができないので注意してください。

がん保険Believeの解約方法

がん保険Believeを解約したいときには、ウェブサイトに記載されている電話やメールで問い合わせて解約手続きを行うのがいいでしょう。

基本的に解約返戻金は戻ってきません。

しかし、保険料払い込み期間を60歳もしくは65歳の短期払いにしていて、保険料の支払いを終えている場合には解約返戻金があります。

解約返戻金額は基本給付金額の10倍です。

終身払いにしていたり、短期払いでも保険料の支払いが終わっていなかったりした場合には解約返戻金はありません。

加入前に知りたいオリックス生命がん保険Believe2つのメリットと3つのデメリット

がん保険Believeが数多くのメディアに高く評価されている理由は2つのメリットにあります。

上皮内新生物でも受け取れる給付金とお手ごろな保険料です。

しかし、完璧な保険はないように、がん保険Believeにもデメリットがあります。

そのデメリットとは契約年齢制限、保険料払い込み免除の条件、そして入院が条件となる治療給付金です。

ここからはがん保険Believeの2つのメリットと3つのデメリットを見ていきましょう。

1.がんの状態にかかわらず受け取れる給付金(メリット)

がんには主に2種類あります。

転移の可能性がほとんどなく外科手術だけで感知できる可能性が高い上皮内新生物と症状が進行した悪性新生物です。

多くのがん保険では上皮内新生物と悪性新生物の給付金額に差があることがほとんどです。

例えば、悪性新生物の場合には診断給付金100万円が払われるのに対し、上皮内新生物では半分の50万円しか支払われないなど。

がん保険Believeでは、上皮内新生物も悪性新生物と同じように保障されます。

上皮内新生物と診断されれば、初回診断一時金で100万円もしくは50万円受け取ることができます。

がんの状態にかかわらず、同じ保障をしてくれるがん保険は非常に珍しいです。

2.充実した保障とお手ごろな保険料(メリット)

がん保険Believeは基本保障が非常に充実しています。

通院給付金はオプションですが、主契約に含まれる保障では手術、治療、入院、そして退院したときにまで給付金が支払われます。

それでいて、保険料は契約条件にもよりますが毎月2,500~3,000円とお得なものになっています。

終身払いにすることで保障が一生涯続けば、契約更新もないので保険料は契約時のままです。

国民の2人に1人ががん罹患するといわれてはいますが、保険料がもったいないからがん保険に加入しない人は多いです。

しかし、月2,500円程度なら無理なく払い続けることができるのではないでしょうか?

がん治療費用をトータルサポートに加え、無理なく払い続ける保険料は大きな強みです。

1.基本給付金5,000円コースの契約年齢制限(デメリット)

がん保険Believeには、基本給付金10,000円コースと5,000円コースがありました。

保険料を少しでも抑えたい方は5,000円コースがおすすめですが、5,000円コースに加入できるのは50~75歳の方だけ。

がんの罹患率は40歳代から急増するので、せめて40歳代から5,000円コースに加入できるのがベストでした。

基本給付金5,000円で若い世代も加入できるがん保険はいくつかあります。

保険料を可能な限り抑えたいという方は、ほかのがん保険に目を通してみてもいいかもしれませんね。

2.保険料払い込み免除の条件

がん保険Believeでは、保険料の払い込みが免除になる場合があります。

免除条件は、不慮の事故や病気・ケガで約款所定の障害状態になったときです。

残念ながら、がんと診断されても保険料の払い込みは続けないといけません。

いくつかのがん保険では、がんと診断されると保険料払い込み免除が適用されるものがあります。

がん診断後も保険料を支払い続けるのは、金銭面だけではなく精神面でも負担が多いです。

がん保険Believeでは、診断後も保険料の支払いを続けないといけないのは残念でした。

3.2回目以降は入院が条件となる治療給付金

がん診断給付金が手厚いがん保険Believeですが、診断給付金を受け取ることができるのは初回のみです。

他のがん保険では2年に1回を限度に、無制限で診断給付金がもらえます。

そのことを考慮すると、初回のみしか診断給付金が受け取れないのは大きなデメリットですね。

さらにがん治療給付金の支払事由にも注意が必要です。

がん治療給付金は、がん治療を目的に入院したときに支払われます。

つまり2回目以降はがん診断給付金がないので、入院したときに限り治療給付金50万円か25万円受け取ることができるということです。

技術が発展した現在では、がん治療は通院が主流となってきています。

再発・転移したときには、入院を全くしないで通院治療だけが行われる可能性もあります。

そんな時に、治療給付金を受け取ることができないのは大きな痛手です。

初回のがん診断給付金は手厚いがん保険Believeですが、2回目以降はその手厚さが失われてしまうという弱点がありました。

オリックス生命がん保険Believeの評判

オリックス生命がん保険Believeの評判は素晴らしいです。

宝島社が行う「よい保険・悪い保険徹底見直し編 がん保険の部」では3年連続1位を獲得しています。

その他のメディアが実施するがん保険ランキングでも、上位にランクすることがほとんどのがん保険Believeの評判が悪いはずがありません。

特にがん罹患率が本格的に上がる50歳代からの評判は非常にいいです。

5,000円プランの契約年齢制限はデメリットにもなりますが、該当年齢者は安い保険料でがんに備えることができるということです。

新規加入だけではなく、保険の乗り換えとしても人気があるがん保険です。

オリックス生命がん保険Believeはおすすめできるがん保険なのか?

オリックス生命がん保険Believeはおすすめできるがん保険です。

上皮内新生物でも同額が保障される、トータルにバランスが取れた保障があって保険料が安いのは大きな魅力です。

特に初めてがんと診断されて入院した場合に、診断給付金と治療給付金というWの手厚い保障を受けることができるのは大きな評価ポイントです。

この2つの保障だけで費用の心配がなくなり、さまざまな治療を受けることができるようになるでしょう。

ポイントは、2回目以降の治療給付金条件です。

おそらく、通院治療の割合は増加し続けるでしょう。

2回目以降は、初回の診断給付金の半分の額しかもらえないうえに入院が条件となってくる、これはよく考えないといけないところです。

オリックス生命がん保険Believeまとめ

オリックス生命がん保険Believeはがん治療でかかる費用をトータルにサポートしてくれ、保険料も比較的安い魅力的ながん保険です。

年齢を問わず支持されているがん保険ですが、特に50代以降の人は一度加入を考えてみるといいでしょう。

今回の記事でぜひ押さえていただきたいポイントは以下の4つです。

・初回診断時の診断給付金と治療給付金のW保障が手厚い
・保険料は2,500~3,000円とお得
・治療給付金は入院しないと受け取ることができない
・5,000円コースに加入できるのは50~75歳の方だけ

がん治療は長期化しがちで、多くの費用がかかってきます。

健康なときにがん治療費用の備えをしておきましょう。




日本人の2人に1人はガンになると言われています。

高額療養費制度があると言っても、ガン治療には膨大な費用が必要です。

いざという時に、1度に100万円を超えるお金を支払える家庭は決して多くないのが現実。

また、大切な家族の為にも働けない間の収入も確保しなければなりません。

がん保険は絶対に必要ですし、安易にランキングや雑誌を見て選んでしまうのは非常に危険です。

ガン保険は安易に決めるのではなく、プロに総合的に設計を相談するのが1番です。

また、ガン保険は思い立ったが吉日。今すぐに検討を開始するべきなのは言うまでもありません。

実際に、後回しにした結果、ガンが発覚し加入することが出来なくなった人は非常に多いです。

保険は人生で2番目に高い買い物。

月々の支払いは少なくても、人生スパンで考えるとその支払額は数百万円にもなります。

失敗しない為にも、プロに総合的なライフプラン設計を相談することをおすすめします。

よく読まれている人気記事

がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒

-未分類

Copyright© , 2019 AllRights Reserved.