がん保険ラボ|おすすめ人気ランキングとFPが教えるガン保険選び方

未分類

セコム損保のがん保険~自由診療メディコムをFPが徹底解説!

更新日:

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

セコム損保自由診療メディコムの詳細とメリット・デメリット

セコム損保が販売するがん保険が自由診療メディコム。

自由診療メディコムの特徴を簡単に言えば、がん治療にかかる費用は全部保障されることです。

がん治療費用の心配がなくなるということのほかに、通院保障が手厚いというメリットもあります。

そんな自由診療メディコムのデメリットは、5年ごとに保険料が高くなるということ。

今回はセコム損保自由診療メディコムの詳細、2つのメリットと1つのデメリット、評判、そしておすすめのがん保険かどうかまで解説します。

セコム損保自由診療メディコムの詳細

セコムと言えば損害保険で有名ですが、がん保険もいくつか販売しています。

今回解説する自由診療メディコムは、ほかのがん保険とは少し違います。

ほとんどすべてのがん保険が日額保障であるのに対し、自由診療メディコムは実額保障です。

つまり、自由診療メディコムでは保障金額に制限がなく、がん治療でかかった費用はすべて負担されるということ。

知名度こそあまりありませんが、一度はチェックしておくべきがん保険が自由診療メディコムです。

実額保障が最大の特徴である自由診療メディコムですが、いったいどのような保障がなされるのでしょうか?

毎月の保険料はいくらかかるのでしょうか?

解約返戻金はあるのでしょうか?

がん保険加入前には知っておかなければいけないことがたくさんあります。

ここからは、自由診療メディコム加入を検討する際に知っておくべき保障内容、保険料、加入・解約方法などを詳しく解説します。

自由診療メディコムの基本保障

自由診療メディコムには特約というものがありません。
一般的ながん保険の場合は、主契約に含まれる基本保障+特約が普通ですが、自由診療メディコムの場合は基本保障だけです。

ある意味、非常に保障内容がわかりやすいがん保険とも言えますね。

以下が自由診療メディコムの保障内容です。

・がん診断保険金
・がん外来保険金
・がん入院保険金

早速、自由診療メディコムの保障内容を見ていきましょう。

がん診断保険金

がん診断保険金は、がんと確定診断されたときに支払われる保険金です。

一般的ながん保険では、上皮内新生物と診断された場合には悪性新生物診断給付金の50%だけを受け取ることになります。

しかし、自由診療メディコムでは上皮内新生物と診断された場合でも同額保障されます。

保険金額は100万円で、3年に1度を限度に何度も支払われます。

がん外来保険金

がん外来保険金は、がん治療目的で通院した時に支払われる保険金です。

保障保険金額は実額保障。

つまり、通院治療費が30万円かかったとすれば、30万円が保障されるということですね。

しかし無制限ではなく、保障限度額は最大1,000万円まで。

契約更新するたびに保障限度額は1,000万円に復元されるので、5年間で1,000万円まで保障されるということです。

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

がん入院保険金

がん治療を目的に入院した際に支払われるのが、がん入院保険金です。

保険金額はがん治療にかかった費用全額で、無制限に保障されます。

もちろん治療の種類によって回数制限されることはありません。

自由診療メディコムでは公的診療も自由診療も保障される

自由診療メディコムはがん治療にかかった費用は全額保障してくれる保険ですが、「どこまで保障してくれるの?」と疑問に思った方もいるはずです。

自由診療メディコムでは、全額自己負担となる先進医療技術料も自由診療も全額保証してくれます。

早期発見ができたがんは公的診療だけで十分な場合がほとんどです。

しかし、ステージが進行したがんの場合は、最先端の先進医療や未承認の薬剤などの健康保険が適用されない治療が最善の選択肢になることもあります。

全額自己負担となり、何百万円という莫大な費用が必要な先進医療や自由診療も、自由診療メディコムは保障してくれるのです。

自由診療メディコムの保障対象外となるのは、主に以下のケースの時です。

・往診による治療
・がん治療でかかる交通費や宿泊費など
・差額ベッド代
・がん診断、再発、転移の診断を目的とした通院や入院
・乳房再建手術などを目的とした自由診療による通院と入院

さらに自由診療での保障を受けるためには、以下2つの条件を満たす必要があります。

・セコム損保協定の病院、がん診療連携協定病院、大学付属病院などで通院や入院をすること
・公的医療保険の対象とならないがんの診療が含まれていること

セコム損保のウェブサイトで詳しい支払い対象外事由が記載されています。

加入前には一度目を通しておくといいですね。

自由診療メディコムの保険料とプラン

自由診療メディコムには特約がないのでプランは1つだけしかありません。

がん診断保険金、がん外来保険金、そしてがん入院保険金だけがあるプランです。

そんな自由診療メディコムの保険料は非常に安いです。

がん治療にかかる費用は、ほとんどすべてカバーしている保険とは思えないほどの安さです。

これから実際に保険料シミュレーションをしてみますが、あなたが思っている以上に安い結果が出るでしょう。

自由診療メディコムの保険料と保障シュミレーション

自由診療メディコムの保険料は、契約者の性別と年齢で決まります。

自由診療メディコムに限らず、ほとんどすべての保険は契約者の年齢が低いほど保険料が安くなるという性質があります。

そこで今回は契約者の性別を男性に固定して、契約者年齢30歳、40歳、50歳の3パターンで保険料を見ていきたいと思います。

以下がシミュレーション結果です。

【シミュレーション結果】

契約者年齢 30歳 40歳 50歳
毎月の保険料 1,430円 1,930円 4,460円

年齢が高くなるほど保険料は上がりますが、やはり保険料の安さは目立ちますね。

一般的に保険料はまとめて支払った方が安くなります。

月払いよりも半年払い、半年払いよりも年払いがお得ということです。

しかし、自由診療メディコムでは月払いしか選択できません。

また、後ほど紹介しますが保険料が自由診療メディコムの大きなデメリットにもなります。

それは契約更新が関係してきます。

とりあえずここでは、自由診療メディコムの保険料は比較的安いということを覚えていてください。

自由診療メディコムの加入方法

自由診療メディコムの加入方法は主に2つあります。

オンラインでの加入と資料請求後の加入方法。

以下が各加入方法での契約の流れです。

【オンライン加入】
1.セコム損保のウェブにある「オンラインお申込み」をクリック
2.保険料・保障内容・重要事項などの確認
3.健康状態などの告知
4.契約者情報の入力
5.クレジットカード情報の入力
6.引受審査(1日~14日ほどかかる)
7.契約成立

オンライン加入の年齢制限は、契約時年齢満20~満73歳までです。

またクレジットカードも必要となってくるので、忘れずに準備しておきましょう。

【資料請求後の加入】
1.セコム損保のウェブにある「資料請求(無料)」をクリック
2.発送された資料を見て契約事項の確認
3.契約申込書・告知書の記入
4.保険料支払い方法選択(クレジットカード払いもしくは口座振替)
5.申込書類の返送
6.引受審査
7.契約成立

どちらの方法で加入手続きをしても、健康状態などの告知を行わなければいけません。

嘘の告知をすると、発覚した際には解約されることになるので、告知は正確に行うようにしましょう。

自由診療メディコムの解約方法

自由診療メディコムを解約する際には、メディコム・コンタクトセンターに連絡しましょう。

そこで解約手続きの流れを紹介してもらえるはずです。

自由診療メディコムには解約返戻金がありません。

契約満了を迎えての解約ならば問題ありませんが、契約期間中に解約をすると大きく損をすることがあります。

可能な限り、契約期間中は解約しないようにするのがいいですね。

加入前に知りたい自由診療メディコム2つのメリットとデメリット

自由診療メディコムのメリットは、なんといってもがん治療でかかった費用は全額自己負担してくれることです。

先進医療を受けても、自由診療を受けても費用の心配をしないでいいのは大きなメリットですよね。

さらに、通院保障が手厚いというメリットもあります。

そんな自由診療メディコムには知っておきたいデメリットが1つだけあります。

それが将来保険料が大きな負担になる可能性があるということです。

ここからは自由診療メディコム2つのメリットとデメリットを紹介しましょう。

1.治療費の心配をする必要がない(メリット)

自由診療メディコムは日額保障ではなく、実額保障なのでがん治療でかかった費用は全額負担してくれます。

がん治療は個人によって変わってきます。

まったく同じがん治療を受ける人はいません。

入院期間が短い人もいれば、長くなる人もいます。

通院期間が長い人もいれば、短い人もいますよね。

がん治療にはお金がかかりますが、日額保障や限度がある保障では十分にカバーできない可能性があります。

例えば、入院給付金支払限度が60日までのがん保険に入ったとしましょう。

実際の入院期間が60日までなら、十分な保障を受けることできます。

しかし65日や70日などになると、60日以降にかかった入院費用は全額自己負担となるのです。

また日額1万円の入院保障があるがん保険に加入しても、1日の入院費用が1万2千円だとダメですよね。

1日当たり2千円を負担することになります。

日額保障のがん保険だと、保障給付金額が自己負担額よりも少なくなる可能性があります。

せっかくがん治療費用に備えていても、保障が不十分だと意味がありません。

自由診療メディコムは、どんな治療を受けても、長期間治療を受けても、かかった分だけ全額自己負担してくれます。

治療費用の心配をする必要は全くないのは大きなメリットですね。

2.通院治療保障が手厚い(メリット)

自由診療メディコムの通院保障は非常に手厚いです。

通院日数無制限で、通院保障費用も5年間で1,000万円までは通院保障が主流となった今ではありがたいです。

さらに、がん外来保険金は入院しなくても、がん治療のための通院さえすれば受け取ることができます。

実は多くのがん保険で通院給付金を受け取るためには、入院をすることが条件となっています。

しかし、入院をしないで通院治療を行う場合もありますよね。

入院が前提条件となった通院保障は、徐々に時代遅れのものとなっています。

自由診療メディコムのがん外来保険金は、入院をしなくとも通院給付金を受け取ることができます。

このようながん保険は意外と少ないので、非常に大きなメリットと言えます。

長い目で見ると保険料が大きな負担になるかも(デメリット)

自由診療メディコムの毎月の保険料は安かったですよね。

しかし、長期的に見ると保険料が大きな負担となる可能性があります。

自由診療メディコムは終身保険ではないので、5年ごとに契約更新をしなければいけません。

保険料には、契約年齢が高ければ高いほど保険料が上がるという性質がありましたよね。

つまり、30歳の時に契約しても35歳の時に再契約することになるので保険料が値上がるというわけです。

終身保険の場合は契約したときから保険料が変わることはありません。

しかし、自由診療メディコムのように契約更新があるがん保険は50歳、60歳になったときの保険料がかなり高くなります。

5年ごとに保険料が値上がりするのは大きなデメリットです。

セコム損保自由診療メディコムの評判

セコム損保自由診療メディコムの評判はいいです。

正直に言うと、知名度は他のがん保険に比べて大きく劣っています。

しかし、知名度があるがん保険がいいがん保険とは限りませんよね。

自由診療メディコムは、メディアが行うがん保険ランキングで上位にランクインすることが多いがん保険です。

どんな治療を受けても、かかった費用を全額負担してくれるがん保険という点で高く評価されています。

5年ごとに契約更新があるのは気になりますが、お金の心配することなく、どんな治療法でも受けることができる保険はなかなかありません。

評判はいいので、一度検討を加入してみるのもいいかもしれませんね。

セコム損保自由診療メディコムはおすすめできるがん保険なのか?

セコム損保自由診療メディコムはおすすめできるがん保険です。

がん治療中は精神面で不安になります。

加えて、がん治療費用に関する金銭面の不安を抱えながら治療に臨むのは大きな負担です。

自由診療メディコムでは金銭面に関する不安がなくなるので、大事な治療に集中して臨むことができます。

不安な点は契約更新のたびに値上がりする保険料のみ。

終身保障として加入した場合には、保険料支払い総額が莫大なものになります。

そのため、自由診療メディコムは期間限定で加入するのがおすすめです。

例えば、がん罹患率が本格化する40歳代から60歳まで加入するなど。

終身保障を求める方は、ほかのがん保険にも目を向けてみるといいでしょう。

しかし期間限定での加入を考えている方は、積極的に検討してみる価値があるがん保険です。

大事なのはあなたのニーズに合ったがん保険を選ぶこと。

様々ながん保険を見てみて、ニーズに合ったものを選ぶようにしましょう。

セコム損保自由診療メディコムまとめ

セコム損保自由診療メディコムは日額ではなく実額保障をしてくれるがん保険でした。

先進医療や自由診療を受けても、かかった分だけ負担してくれるのは非常に魅力的ですよね。

今回は自由診療メディコムについて数多く解説しましたが、押さえていただきたいポイントは以下の4つ。

・どんながん治療を受けても費用は保障される
・入院をしなくとも通院給付金を受け取ることができる
・5年ごとに契約更新をしなければいけない
・保険料が大きな負担になる可能性がある

契約更新ごとに保険料が高くなるのはデメリットですが、加入期間を限定すると総支払保険料が他のがん保険よりも安くなる可能性があります。

保障内容は優れているがん保険なので、一度検討してみるのもいいですね。




日本人の2人に1人はガンになると言われています。

高額療養費制度があると言っても、ガン治療には膨大な費用が必要です。

いざという時に、1度に100万円を超えるお金を支払える家庭は決して多くないのが現実。

また、大切な家族の為にも働けない間の収入も確保しなければなりません。

がん保険は絶対に必要ですし、安易にランキングや雑誌を見て選んでしまうのは非常に危険です。

ガン保険は安易に決めるのではなく、プロに総合的に設計を相談するのが1番です。

また、ガン保険は思い立ったが吉日。今すぐに検討を開始するべきなのは言うまでもありません。

実際に、後回しにした結果、ガンが発覚し加入することが出来なくなった人は非常に多いです。

保険は人生で2番目に高い買い物。

月々の支払いは少なくても、人生スパンで考えるとその支払額は数百万円にもなります。

失敗しない為にも、プロに総合的なライフプラン設計を相談することをおすすめします。

よく読まれている人気記事

がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒

-未分類

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.