がん保険ラボ|おすすめ人気ランキングとFPが教えるガン保険選び方

未分類

AIG富士生命がんベスト・ゴールドαをFPが徹底評価!

投稿日:

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

AIG富士生命がんベスト・ゴールドαの詳細とメリット・デメリット

現在のがん保険で重要なのは、がん診断されたときに受け取ることができる診断給付金。

通院治療が主体となってきた今、従来のがん保険のように入院日数や手術回数で給付金が受け取る保障では不十分です。

AIG富士生命がんベスト・ゴールドαは最高300万円の診断給付金を受け取ることができるので、どんな治療環境でも費用面のサポートをしてくれます。

しかし、上皮内新生物に対する保障が弱いというデメリットも。

今回はがんベスト・ゴールドαの詳細、メリット・デメリット、評判、そしておすすめできるがん保険かどうかまで解説します。

AIG富士生命がんベスト・ゴールドαの詳細

がんベスト・ゴールドαは、基本的に解約返戻金がない掛け捨てタイプのがん保険です。

がんベスト・ゴールドαを一言で表すのならば、がん診断給付金に特化した保険。

がん診断給付金とは、初めて悪性新生物と診断されたときに受けられる給付金のことです。

どんな使い道をしてもいいので、現代のがん保険には必須の保障ともよく言われます。

がんベスト・ゴールドαの基本保障はがん診断給付金だけです。

他の保障はオプションとして必要なものを付帯していくことになります。

AIG富士生命がんベスト・ゴールドαの詳細

AIG富士生命がんベスト・ゴールドαの基本保障は診断給付金だけですが、その他にも気になることがたくさんありますよね。

オプション保障にはどんなものがあるのか、給付金支払条件はどんなものか、そして保険料は安いのかどうかなどなど。

保険は一度加入すると長い付き合いになります。

だからこそ、加入する前に詳細を把握しておくことで、後々後悔することもなくなります。

ここからはがんベスト・ゴールドαの保障内容、保険料、シミュレーション結果、加入・解約方法を解説します。

がんベスト・ゴールドαの基本保障と5つのオプション

がんベスト・ゴールドαには診断給付金と以下5つのオプション保障があります。

・上皮内新生物診断給付金特約
・悪性新生物初回診断一時金特約
・がん先進医療特約
・がん治療給付金特約
・女性がんケア特約

がんベスト・ゴールドαに加入する際には、オプション保障を付帯する方がほとんどでしょう。

ここからは、がんベスト・ゴールドαの保障を解説していきます。

診断給付金基本保障

がんベスト・ゴールドαは診断給付金に力を入れている保険であり、最高300万円の給付金を受け取ることができます。

診断給付金は自由に使えるので、通院費用に充てたり、抗がん剤治療費に充てたり、ウィッグや乳房再建手術費に充てたりすることができます。

また、がん治療中の収入減少を補ったりすることも可能です。

さまざまな治療法や出費に備えることができるのが診断給付金です。

がんベスト・ゴールドαで診断給付金支払事由は以下の通り。

・悪性新生物と確定診断されたとき
・再発、転移などで治療を目的とした通院や入院をしたとき

診断給付金は2年に1度を限度に無制限で受け取ることができます。

診断給付金は50万円、100万円、200万円、300万円から選ぶことが可能です。

【悪性新生物】

悪性新生物とは、悪性腫瘍のことです。

ほとんどすべてのがんは悪性腫瘍ですが、他の臓器や組織に転移している可能性があるがんを悪性新生物と言います。

対して、再発・転移の可能性がほとんどなく、手術でほぼ100%完治できるがんを上皮内新生物と言います。

上皮内新生物診断給付金特約オプション保障

上皮内新生物と診断されたときにも、診断給付金を受けることができるようになる特約です。

支払事由は以下の通り。

・初めて上皮内新生物と確定診断されたとき
・2回目以降、前回の支払事由から2年経過後に上皮内新生物と確定診断されたとき

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

前回の支払事由から2年以内に転移・再発しても、新たに上皮内新生物と診断されたとしましょう。

その場合にも、2年経過後にその上皮内新生物を目的とした入院、通院をしているときには給付金を受け取ることができます。

給付金は診断給付金の50%。つまり診断給付金を100万円と設定したのならば、上皮内新生物給付金は50万円ということです。

悪性新生物初回診断一時金特約オプション保障

悪性新生物初回診断一時金特約とは、悪性新生物と診断されたときに主契約である診断給付金に加えて受け取る給付金のことです。

設定可能金額は診断給付金と合わせて300万円まで。

つまり診断給付金が200万円なら、悪性新生物は50万円か100万円を設定することができます。

支払回数は保障期間を通じて1回のみです。

がん先進医療特約オプション保障

高い効果が期待される治療が先進医療です。

治療効果は高く期待できますが、公的医療保険の対象とはならないので高額な技術料は全額自己負担になります。

技術料の例を挙げると、陽子線治療が約258万円、重粒子線治療が約308万円です。

先進医療保障では、がん治療にために厚生労働省が定める医療施設で先進医療を受けたときに、技術料と同額の給付金を受け取ります。

限度額は通算2,000万円まで。

また支払事由に該当する療養を受けたとき、がん先進医療給付金×10%相当額のがん先進医療一時金が支払われます。

がん治療給付金特約オプション保障

がん治療にかかる費用をサポートしてくれる保障です。

支払事由は以下の通りです。

・がん治療を目的に通院もしくは入院をして、所定の抗がん剤治療またはホルモン剤治療を受けたとき
・がん治療を目的に放射線治療を受けたとき

抗がん剤治療給付金、放射線治療給付金は月に1回を限度に何度でも受け取ることができます。

給付金額は10万円、20万円、30万円から1つ選びます。

女性がんケア特約

女性の部位別がん罹患者数が最も多いのは乳房、そして5番目に多いのが子宮です。

また女性はウィッグ代や乳房再建術費などがかかるので、がん治療費も高額になりがちという問題があります。

そんな治療費が高くなりがちな女性特有のがんを保障してくれるのが、女性がんケア特約。

支払事由は以下の通りです。

・がん治療と目的に卵巣観血切除術、子宮観血切除術、乳房観血切除術を受けたときに女性がん手術給付金が支払われる
・手術給付金が支払われる乳房観血切除術を受けた乳房に対して乳房再建術を受けたときに、乳房再建術給付金が支払われる

出典:新がんベストゴールド公式

給付金の支払限度は手術によって異なります。

・卵巣観血切除術2回
・子宮観血切除術1回
・乳房観血切除術1乳房につき1回
・乳房再建術1乳房につき1回

女性がん手術給付金と乳房再建術給付金額は10万円、20万円、30万円のうち1つを選びます。

がんベスト・ゴールドαの保険料とプラン

がんベスト・ゴールドαに加入するときに決めなければいけないことは3つあります。

診断給付金額、保険料払い込み期間、そして付帯するオプション保障です。

診断給付金額は50万円、100万円、200万円、300万円の4種類。

保険料払い込み期間は60歳払いと65歳払いの短期払い、もしくは終身です。

短期払いを選んでも、契約更新することで保障は一生涯続きます。

しかし、契約更新時に保険料が上がっている可能性があることには要注意です。

がんベスト・ゴールドαのプランを大まかに分けると次のようになります。

・保険料払い込み期間:60歳払いもしくは65歳払い+診断給付金オプション保障
・保険料払い込み期間:終身+診断給付金+オプション保障

がんベスト・ゴールドαの保険料と保障シュミレーション

実際にがんベスト・ゴールドαの保険料をシミュレーションしてみてみましょう。

今回は契約者を30歳男性にしますが、保険は年齢が上がればそれだけ保険料も高くなります。

そのため、可能ならば若いときから保険に加入しておくことがおすすめです。

以下が契約状況とシミュレーション結果です。

【契約状況】
・契約者30歳男性
・診断給付金100万円

【シミュレーション結果】

プラン 診断給付金100万終身払い 毎月の保険料 診断給付金100万65歳払い 毎月の保険料
診断給付金基本保障 100万円 2,227円(81,929円) 100万円 2,605円(2,576円)
悪性新生物初回診断一時金 50万円 503円(416円) 50万円 606円(540円)
がん先進医療給付金特約 先進医療にかかる技術料と同額 124円(123円) 先進医療にかかる技術料と同額 128円(149円)
上皮内新生物診断給付金特約 50万円 214円(249円) 50万円 249円(309円)
がん治療給付金特約 20万円 1,343円(1,547円) 20万円 1,741円(2,047円)
女性がんケア特約 20万円 (268円) 20万円 (330円)

※2017年7月12日調べ

※()内の金額は女性が契約者だった場合の費用

「診断給付金基本保障」の行にある「毎月の保険料」が、オプション保障を何も付帯しなかった場合の月々の保険料です。

診断給付金100万円+終身払いだと2,227円、65歳払いだと2,605円。

もし診断給付金100万円+終身払いに、悪性新生物初回診断一時金とがん先進医療給付金特約を付帯すると次のような計算式になります。

・2,227円503円124円2,854円

がんベスト・ゴールドαの保険料は、比較的安い方です。

自分でカスタマイズできるのも魅力的なので、本当に必要な保障だけを選ぶだけでより安く抑えることができるでしょう。

がんベスト・ゴールドαの加入方法

がんベスト・ゴールドαの加入方法はインターネット申し込みか、郵送での申し込みになります。

インターネットと郵送での申し込みでは契約可能年齢が異なるので気を付けてください。

以下が申し込み手順です。

【インターネット申し込み】

契約可能年齢20~69歳

1.保険料見積もりページで保険プランを作成して、申し込み
2.審査
3.必要書類の返送
4.契約成立

【郵送での申し込み】

契約可能年齢20~80歳

1.申込書資料の請求
2.申込書の発送
3.申込書の返送
4.審査
5.契約成立

がんベスト・ゴールドαには告知義務があります。

契約時に健康状態、職業、収入などを正しく告知しないといけません。

AIG富士生命は、告知された情報をもとに引受審査を行います。

後に、嘘の情報が告知されていたと判明すれば解約になる可能性も大いにあります。

がんベスト・ゴールドαの解約方法

がんベスト・ゴールドαは、いつでも好きな時に解約ができます。
しかし、保険は財産のようなものなので、なるべく解約はしないほうがいいでしょう。

解約返戻金は終身払いの場合はありませんが、短期払いの時はあるかもしれません。

短期払いで解約返戻金を受け取ることができるのは、保険料払い込み期間満了後です。

保険料払い込み期間中に解約しても、解約返戻金は受け取れません。

解約返戻金額は、主契約の悪性新生物診断給付金額の10%。

解約方法はAIG富士生命既定の解約に関する書類を提出するだけです。

加入前に知りたいがんベスト・ゴールドα2つのメリットと1つのデメリット

がんベスト・ゴールドαの最大の魅力はなんといっても、最大で300万円受け取ることができる診断給付金です。

また主契約に保険料払い込み免除が含まれているというメリットもあります。

そんながんベスト・ゴールドαには絶対に知っておきたいデメリットが1つあります。

それは、上皮内新生物の保障が弱いこと。

ここからは加入前に知っておきたい2つのメリットと1つのデメリットを解説します。

1.通院でも支払われるがん診断給付金メリット

がん診断給付金に力を入れているだけあり、他社のがん保険とは比べ物にならないほどがん診断給付金は優れています。

一般的に診断給付金は100万円ですが、がんベスト・ゴールドαは50万円、100万円、200万円、300万円の4種類。

診断給付金が200~300万円ももらえると、通院・入院費用を含むがん治療の大きな手助けとなります。

転移・再発しても2年に1回を限度に無制限で受け取ることができます。

また診断給付金支払事由にも注目です。

2回目以降は入院だけではなく、通院でも診断給付金が支払われます。

通院でも診断給付金が支払われるのは、がんベスト・ゴールドαならではの強みです。

通院治療が主流となっていることを考えると、通院でも診断給付金が支払われるのは嬉しすぎる保障内容です。

2.保険料払い込み免除があるメリット

実はがんベスト・ゴールドαの主契約に保険料払い込み免除が含まれています。

責任開始日以降の保険料期間中にがんと診断されると、その後の保険料の支払いが免除になります。

保険料払い込み免除が含まれていないがん保険は少なからずあり、あってもオプション保障として付帯しなければいけないものがほとんどです。

つまり、がんベスト・ゴールドαのように初めから保険料払い込み免除が主契約に含まれているのは少ないということです。

がん治療中には、収入が少なくなる方がほとんど。

少なくなった収入の中から、がん治療費用だけではなく、家計などのやり取りもしないといけません。

健康な時には大きな負担となることがなかった保険料が、がんになると大きな負担となってのしかかってきます。

保険料払い込み免除があるだけで、金銭面でも、精神面でも楽になるでしょう。

3.上皮内新生物は特約を付けないと保障されないデメリット

がんベスト・ゴールドαの唯一の弱点ともいえるのが、上皮内新生物に対する保障の弱さです。

上皮内新生物と診断されたときに、診断給付金をもらいたければ上皮内新生物給付金特約を付帯しないといけません。

この特約を付帯すると毎月約250円の負担が増えるだけなので、大きな負担とはなりません。

しかし、多くのがん保険で上皮内新生物に対する保障が主契約に含まれていることを考慮すると弱みになります。

また上皮内新生物と診断されても、保険料払い込み免除は適用されません。

保険料払い込み免除が適用されるのは悪性新生物と診断されたときだけ。

上皮内新生物に対する基本保障が充実していれば、文句はありませんでしたね。

AIG富士生命がんベスト・ゴールドαの評判

AIG富士生命がんベスト・ゴールドαの評判は、非常にいいです。

雑誌を始めとする各メディアが行うがん保険ランキングでは、上位にランクインされることがほとんど。

現在のがん保険で必要とされる診断給付金の充実度が高く評価されている理由です。

また加入すると利用できるティーペック社が提供するサービスも評判が高いです。

特にがんトータルサポートサービスでは、がんPET検診の予約から優待価格の提供、がん治療相談サービス、そしてがん心のサポートサービスなどが無料で利用できます。

保障内容も、付加価値で利用できるサービスも高く評価されているがん保険です。

AIG富士生命がんベスト・ゴールドαはおすすめできるがん保険なのか?

AIG富士生命がんベスト・ゴールドαは、おすすめできるがん保険です。

特に診断給付金に重視を置く方は、一度真剣に加入を検討してみるといいでしょう。

2回目以降、通院でも診断給付金が出るのは大きな魅力です。

医療技術が発展したので通院治療が主体となっていますが、がんには転移・再発の可能性がつきものです。

多額の診断給付金を受け取ることができれば、長く続く通院治療の大きな助けとなり、再発しても金銭面は安心して治療に臨むことができます。

しかし、ぜひ他のがん保険にも目を向けてみてください。

全く同じ保障のがん保険は1つとしてありません。

例えば、メットライフ生命Guard Xも診断給付金に力を入れた保険料が安いがん保険です。

さまざまながん保険を比較してから、あなたにピッタリのものを選ぶようにしましょう。

AIG富士生命がんベスト・ゴールドαまとめ

AIG富士生命がんベスト・ゴールドαは診断給付金が最大の魅力です。

最大で300万円も受け取れる診断給付金は、がん治療にかかる費用を大きくサポートしてくれます。

今回は多くのことを解説しましたが、がんベスト・ゴールドα加入する際に押さえていただきたいポイントは以下の5つです。

・診断給付金の使い道は自由
・通院でも診断給付金が支払われる
・がんベスト・ゴールドαは最大で300万円の診断給付金を受け取れる
・オプション保障を付帯することで保障が充実したがん保険になる
・上皮内新生物に対する保障だけが弱い

がんベスト・ゴールドαは非常に魅力的な保険です。

安い保険料で充実した診断給付金を望む方は、検討する価値がある保険です。




日本人の2人に1人はガンになると言われています。

高額療養費制度があると言っても、ガン治療には膨大な費用が必要です。

いざという時に、1度に100万円を超えるお金を支払える家庭は決して多くないのが現実。

また、大切な家族の為にも働けない間の収入も確保しなければなりません。

がん保険は絶対に必要ですし、安易にランキングや雑誌を見て選んでしまうのは非常に危険です。

ガン保険は安易に決めるのではなく、プロに総合的に設計を相談するのが1番です。

また、ガン保険は思い立ったが吉日。今すぐに検討を開始するべきなのは言うまでもありません。

実際に、後回しにした結果、ガンが発覚し加入することが出来なくなった人は非常に多いです。

保険は人生で2番目に高い買い物。

月々の支払いは少なくても、人生スパンで考えるとその支払額は数百万円にもなります。

失敗しない為にも、プロに総合的なライフプラン設計を相談することをおすすめします。

よく読まれている人気記事

がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒

-未分類

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.