がん保険ラボ|おすすめ人気ランキングとFPが教えるガン保険選び方

未分類

アフラック新生きるためのがん保険Days(デイズ)をFPが徹底解説!

更新日:

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

アフラック新生きるためのがん保険Days(デイズ)の詳細とメリット・デメリット

アフラックはがん保険で有名ですよね。新生きるためのがん保険Daysのことをご存知の方も多いのではないでしょうか?

新生きるためのがん保険Daysはがん治療保障を中心としたがん保険です。

保険料が安くなった上に、通院保障が手厚いというメリットがありますが、がん診断給付金の保障が弱い、契約更新があるので保険料が上がる可能性があるというデメリットもあります。

今回はアフラック新生きるためのがん保険Daysの詳細、1つのメリットと2つのデメリット、評判、そしておすすめのがん保険かどうかまで解説します。

アフラック新生きるためのがん保険Daysの詳細

「がん保険と言えばアフラック」という方も多いのではないでしょうか?

テレビCMなどの広告で圧倒的な知名度を誇るアフラックが販売するがん保険が、新生きるためのがん保険Days。

これは生きるためのがん保険Daysがパワーアップしたものです。

保障はそのままに、保険料が安くなったのが主な改善点。

がん三大治療への保障や充実した特約があるので、正統派がん保険ということができるでしょう。

アフラック新生きるためのがん保険Daysの詳細

新生きるためのがん保険Daysは、幅広いがん治療に対応できる正統派のがん保険です。

充実した主契約に加え、オプション保障を付帯することもできる柔軟性、そして安くなった保険料など注目すべき点はたくさんあります。

そして、多くの方が気になる点と言えば保険料ですよね。

長年払うことになる保険料はがん保険選びで重要な要素の1つです。

今回は実際にシミュレーションをしてみて、具体的な保険料を見てみます。

ここからは、新生きるためのがん保険Daysの保障内容、保険料、加入・解約方法を解説しましょう。

新生きるためのがん保険Daysの基本保障と2つのオプション

新生きるためのがん保険Daysには6つの基本保障と2つのオプション保障があります。

・がん診断給付金(基本保障)
・がん入院給付金(基本保障)
・がん通院給付金(基本保障)
・がん手術治療給付金(基本保障)
・がん放射線治療給付金(基本保障)
・抗がん剤治療給付金(基本保障)
・がん先進医療特約(オプション)
・診断給付金複数回支払特約(オプション)

新生きるためのがん保険Daysでは、どのようなときに給付金が支払われるのでしょうか?

がん保険選びで最も重要な保障内容について確認していきましょう。

がん診断給付金

初めてがんと診断されたときに支払われる給付金です。

新生きるためのがん保険Daysでは、悪性新生物と上皮内新生物では診断給付金額が変わります。

悪性新生物の場合は100万円、上皮内新生物の場合は10万円が支払われます。

支払限度は保障期間内で1回限りです。

がん入院給付金

がん治療を目的に入院したときに支払われる給付金です。

支払給付金額は日額5,000円か10,000円で、支払日数は無制限です。

またがん治療を目的としていれば、緩和病棟での入院も保障されます。

がん治療による入院平均日数は年々減少していますが、入院が長引く可能性もあります。

その点で、入院給付金が無制限に支払われるのは嬉しいですよね。

がん通院給付金

がん治療を目的に通院治療を受けたときに支払われる給付金です。

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

通院給付金は、三大治療のための通院か入院後の通院をしたときに支払われます。

三大治療のために通院をした場合の支払事由は以下の通り。

・がん治療を目的として、手術、放射線治療(電磁波温熱療法を含む)、抗がん剤治療(経口投与を除く)のために通院したとき
・支払日数は無制限

入院後の通院をしたときの支払事由は以下の通りです。

・がん入院給付金が支払われる入院をした後に通院したとき
・支払対象期間は入院から365日以内で、その期間内の支払日数は無制限
・通算の支払日数は無制限

通院と言っても、薬の受け取りだけの通院では給付金は支払われません。

医療技術が進歩したため、がん治療も入院から通院治療が主体になっています。

また、がん治療は数年に及ぶことがあるので、通院給付金が無制限に受け取れるのは素晴らしい点です。

がん手術給付金

がん治療を目的に所定の手術を受けたときに支払われます。

手術給付金額は1回の手術につき入院給付金額の20倍です。

同一の手術を複数回受けるなど一連の手術を受ける場合は、14日間に1回が支払限度となります。

保障期間全体を通じての支払回数は無制限です。

支払事由にならないのは、診断・検査のための手術や先進医療・自由診療です。

放射線治療給付金

がん治療を目的として、所定の放射線治療を受けたときに支払われる給付金です。

支払限度は治療を受けた月ごとに1回で、通算では特約給付金の給付倍率の120倍まで。

給付金額は、所定の給付倍率×特約給付金額です。

給付倍率は以下の通り。

・ホルモン剤(乳がん、前立腺がんの場合):1倍
・上記以外:2倍

がん先進医療特約

がん治療を目的として、先進医療を受けたときに支払われる給付金です。

先進医療は最先端の技術が用いられる治療ですが、莫大な費用がかかり全額自己負担となることで知られています。

がん治療の先進医療である重粒子線治療では約308万円もの費用がかかります。

先進医療でかかる莫大な技術料に備えるのががん先進医療特約です。

がん先進医療特約の保障内容は以下の通りです。

・がん治療を目的とした先進医療を受けたときに給付金が支払われる
・給付金額は技術料と同額
・保障限度額は通算2,000万円まで
・がん治療を目的とした先進医療を受けると1年に1回15万円を受け取ることができる

高額な先進医療費用にも特約を付帯することで備えることができます。

誰もが先進医療を受けるというわけではありませんが、先進医療がベストな治療となることもあります。

付帯するべきなのかどうかは、しっかりと考えましょう。

診断給付金複数回支払特約

ほとんどのがんには再発・転移の可能性がつきものです。

診断給付金複数回支払特約は、転移・再発の可能性に備えることができます。

この特約を付帯していると、1回しかもらえない診断給付金を2年に1回を限度に無制限に受け取ることができるようになります。

新生きるためのがん保険Daysの保険料とプラン

新生きるためのがん保険Daysには2つのプランがあります。

入院給付金額10,000円のプランと5,000円のプランです。

2つのプランの違いは給付金額と保険料にあります。

診断給付金額はどちらのプランでも100万円ですが、入院給付金額や通院給付金額などが異なります。

10,000円プランの方が保障は充実していますが、保険料は高いです。

診断給付金だけではなく、ほかの保障もしっかりと備えたいなら10,000円プランがいいでしょう。

診断給付金はしっかりと備えて、あとは最低限の保障を得たいのなら5,000円プランがいいですね。

また、気になる保険料ですが他のがん保険と比較しても安い方です。

新生きるためのがん保険Daysの保険料と保障シュミレーション

新生きるためのがん保険Daysは以前のものよりも保険料が安くなっています。

ここからは具体的にシミュレーションをして保険料を見てみましょう。

アフラックの公式ホームページでは、実際の年齢と性別を入れると保険シミュレーションを行うことができます。

加入前には、シミュレーションしてみることを強くおすすめします。

【契約者状況】
・契約者:男性30歳
・保険料払い込み期間:終身

【シミュレーション結果】

プラン 10,000円プラン 5,000円プラン
診断給付金 100万円 100万円
入院給付金 1日につき10,000円 1日につき5,000円
通院給付金 1日につき10,000円 1日につき5,000円
手術治療給付金 1回につき20万円 1回につき10万円
放射線治療給付金 1回につき20万円 1回につき10万円
抗がん剤治療給付金 10万円もしくは5万円 5万円もしくは2,5万円
毎月の保険料 2,870円 1,930円

上のシミュレーション結果は特約を付帯しなかった場合です。

同じ条件で、2つの特約を付帯すると10,000円プランの場合は3,429円、5,000円プランの場合は2,489円になります。

2つ付帯すると約600円上がるということですね。

新生きるためのがん保険Daysの加入方法

新生きるためのがん保険Daysに加入するためには資料請求を行うか、対面で加入手続きを行わないといけません。

対面の場合は新生きるためのがん保険Daysを扱っている保険ショップや保険のプロであるFPと相談した際に行う、もしくはアフラックの販売員と相談を行うこともできます。

資料請求の場合は、まずウェブや電話などから資料を請求します。

送られてくる資料には申込書と告知書が入っているので、必要事項を記入し送付するだけです。

無事に引受審査を通過したら、契約成立ということです。

新生きるためのがん保険Days申し込みの際には、健康状態などの告知を行わなければいけません。

告知は被保険者の義務なので、正確に行うようにしましょう。

新生きるためのがん保険Daysの解約方法

新生きるためのがん保険Daysの保険料払い込み方法は、終身払い、60歳半額払い、60歳払いの3つがあります。

この3つの中で解約返戻金があるのは60歳払いのみです。

保険料払い込み期間満了後に、解約すると入院給付金額の10倍の解約返戻金を受け取ることができます。

また保険料払い込み期間満了後に、被保険者が死亡すると入院給付金の10倍の死亡返還金が支払われます。

解約するためには、アフラックのウェブから電話やメールで解約手続きの申し込みをお願いしましょう。

加入前に知りたい新生きるためのがん保険Days1つのメリットと2つのデメリット

新生きるためのがん保険Daysは、保険料が安くなり、先進医療保障内容がパワーアップしたがん保険です。

そんな新生きるためのがん保険Daysの大きなメリットは、通院治療の保障が手厚いことにあります。

しかし、診断給付金の保障が弱い、契約更新する保障があるというデメリットもあります。

ここからは、新生きるためのがん保険Daysの1つのメリットと2つのデメリットについて解説します。

1.通院治療の保障が手厚い(メリット)

新生きるためのがん保険Daysの通院保障は非常に手厚いです。給付金の支払日数が無制限というがん保険はいくつかありますが、入院をしなくとも通院給付金を受け取ることができるがん保険はなかなかありません。

実は多くのがん保険の通院給付金支払条件に、入院が含まれています。しかし、治療技術が発展している現代では入院をせずに通院治療だけが行われる可能性は大いにあります。入院が支払条件になっているがん保険に加入していると通院治療給付金を受け取ることができませんよね。

通院治療が主体となっている今、通院給付金の支払い条件に入院が含まれているのは大きなデメリットです。入院をせずとも、支払日数無制限の通院給付金を受け取ることができるのは大きなメリットです。

1.診断給付金が弱すぎる

新生きるためのがん保険Daysはがん診断給付金の保障が弱すぎます。

診断給付金額が100万円に固定されている、上皮内新生物に対する保障が弱いことももちろんですが、特に診断給付金が1回しか受け取れないのが弱みです。

がん保険で最も重要な保障は診断給付金とよく言われます。

がんと診断された時点でまとまったお金をもらうことができるため、その後の治療費に備えることもできれば、家計やウィッグ代などにも備えることができます。

2年に1回を限度に無制限で診断給付金を受け取ることができるがん保険もあれば、上皮内新生物でも悪性新生物と同額の診断給付金を受け取ることができるがん保険もあります。

多くのがん保険では診断給付金が充実しています。

がん保険で最も大切な保障の1つである診断給付金が弱すぎるのは、明らかなデメリットです。

2.契約更新する保障がある

新生きるためのがん保険Daysの抗がん剤治療給付金とがん先進医療特約は10年満期です。

つまり、10年ごとに契約更新をしなければいけません。

契約更新があるデメリットは、保険料値上がりの可能性があるということです。

現在のがん保険と10年前のがん保険は保障内容や保険料が大きく異なります。

それと同じで、現在のがん保険と10年後のがん保険は違ったものになります。

がん先進医療特約は月79円ですが、10年後には値上がりする可能性があります。

2つの保障の値段が上がる可能性はデメリットと言えます。

アフラック新生きるためのがん保険Daysの評判

アフラック新生きるためのがん保険Daysの評判は、まずまずです。

診断給付金という大きな弱点がありますが、治療が始まったらしっかりと給付金が支払われるのは強みです。

ベーシックな保険であるがゆえに、各メディアが実施するがん保険ランキングにランクインする機会は少ないです。

しかし、そのベーシックさが好評の理由でもあります。

知名度こそ抜群ですが、保障内容は他のがん保険よりも劣っているような印象を受けます。

アフラック新生きるためのがん保険Daysはおすすめできるがん保険なのか?

アフラック新生きるためのがん保険Daysは、治療保障を中心とした王道のがん保険です。

しかし、診断給付金の弱さや契約更新が必要な保障があることなどを考えると、ほかのがん保険にも目を向けてみるのを強くおすすめします。

知名度があるがん保険が優れたものとは限りません。

現在は多くのがん保険が販売されています。

診断給付金に力を入れたもの、治療費の保障に力を入れたもの、そして診断給付金と入院給付金に力を入れたものなど本当に様々です。

例えば、新生きるためのがん保険Daysのように治療費を中心に保障してくれるがん保険をお探しならば、チューリッヒ生命の終身ガン治療保険プレミアムにも目を向けてみてください。

終身ガン治療保険プレミアムは月々の治療費を無制限に保障する特徴があり、がん保険ランキングで1位に輝くこともある大人気がん保険です。

様々ながん保険を比較することで、ピッタリのがん保険を見つけることができます。

1つや2つだけではなく、3つ4つとたくさんのがん保険を調べてみましょう、

アフラック新生きるためのがん保険Daysまとめ

アフラック新生きるためのがん保険Daysは抜群の知名度を誇るがん保険です。

幅広いがん治療に対応できるベーシックながん保険なので、多くの方のニーズに応えることができるでしょう。

今回は数多くのポイントを紹介しましたが、特に押さえていただきたいものは以下の4つです。

・治療費を中心に保障するがん保険
・通院保障が手厚い
・診断給付金に対する保障がかなり弱い
・10年ごとに契約更新される保障あり

新生きるためのがん保険Daysは知名度こそありますが、全体的に保障が弱いという印象を受けます。

悪い保険ではありませんが、ほかのがん保険にも目を通してみるのをおすすめします。




日本人の2人に1人はガンになると言われています。

高額療養費制度があると言っても、ガン治療には膨大な費用が必要です。

いざという時に、1度に100万円を超えるお金を支払える家庭は決して多くないのが現実。

また、大切な家族の為にも働けない間の収入も確保しなければなりません。

がん保険は絶対に必要ですし、安易にランキングや雑誌を見て選んでしまうのは非常に危険です。

ガン保険は安易に決めるのではなく、プロに総合的に設計を相談するのが1番です。

また、ガン保険は思い立ったが吉日。今すぐに検討を開始するべきなのは言うまでもありません。

実際に、後回しにした結果、ガンが発覚し加入することが出来なくなった人は非常に多いです。

保険は人生で2番目に高い買い物。

月々の支払いは少なくても、人生スパンで考えるとその支払額は数百万円にもなります。

失敗しない為にも、プロに総合的なライフプラン設計を相談することをおすすめします。

よく読まれている人気記事

がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒

-未分類

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.