がん保険ラボ|おすすめ人気ランキングとFPが教えるガン保険選び方

未分類

がん保険と医療保険どっちがおすすめ?FPが違いと選び方を解説!

投稿日:

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

がん保険と医療保険はどっちがいい?それぞれの違いとメリット・デメリット

がん保険と医療保険の違いはご存知ですか?

一見すると、似たような保険で重複する保障もありますが、全く異なってくる保障もあります。

例えば、入院・手術金の支払回数。

再発・転移のリスクが付きまとうがん治療では、支払回数が無制限のものを選ぶべきです。

今回はがん保険と医療保険のメリット・デメリット、3つの違い、そしてどちらを選ぶべきかまで解説します。

がん保険の主な保障とメリット・デメリット

がん保険は、その名の通りがん治療に特化した保険です。

がんは誰にでも起こりうる病気です。

治療が長期化し、莫大な治療費がかかるがんだからこそ、保険に加入しておくことが大切。

がん保険の主な保障内容を下にまとめました。

がん保険の保障内容一覧表

保障内容 詳細
がん診断給付金(一時金) がんと診断された時に支払われる給付金。給付金額は保険会社によって異なりますが、一般的には100万円、多くて300万円です。
がん入院給付金 がん治療で入院した際に支払われる給付金
がん手術給付金

 

がん治療で手術をした際に支払われる給付金
がん通院給付金 通院治療で支払われる給付金
先進医療保障 がんが原因で先進医療保障を受けたときに支払われる給付金
退院金 がんで退院した後に支払われる給付金
保険料払い込み免除 所定の高度障害状態になったら、以降の保険料の支払いが免除され、そのまま保障が続きます。

がん保険2つのメリット

がん保険には一時診断金と充実した給付金の他にも注目すべきメリットが2つあります。

それが、無制限の支払い日数と通院給付金。

どちらもがん治療を行う上では必須の保障内容で、金銭面と精神面の大きな助けとなるでしょう。

特に通院給付金は古いがん保険にはついていない注目の保証です。

1.支払日数に限度がない

ほとんどのがん保険の入院給付金、手術給付金には支払日数に限度がありません。

つまり、無制限で受け取ることができるのです。

がん完治するまでには、長い時間がかかります。

一度よくなったように思えても、がんが転移したり、再発したりする可能性があるのです。

支払日数が無制限であるがん保険に加入しておくことで、費用の心配をすることなくがん治療に臨むことができます。

2.現代のがん治療に合った通院給付金

医療技術の発展により、現在では生活環境を変えずにがん治療を行う通院治療が主流となっています。

がんの種類にもよりますが、入院日数が20日以内であるケースがほとんどです。

そのため、現在のがん治療では、入院・手術費用よりも、退院後の通院治療費用の方が負担となってきます。

がん治療が通院スタイルへと変化するにつれて、がん保険の保障内容も変わってきました。

現在販売されている多くのがん保険では、通院給付金があります。

診断から退院、そして通院までしっかりとサポートしてくれるのは、がん保険の大きな魅力です。

がん保険2つのデメリット

日本人に必須のがん保険ですが、知っておきたいデメリットが2つだけあります。

それが90日間の免責期間と死亡保険金がないことです。

これら2つのデメリットを事前に知っておくことで、ある程度の対策を取ることができます。

早速、2つのデメリットについて解説していきましょう。

1.90日間の免責期間

一般的に、がん保険は加入してから90日間は保障が開始されません。

つまり、90日以内にがんが発症しても保険金を受け取ることができないのです。

そのため、がん保険は早め早めに加入しておくことが大切です。

がんの発症率と毎月の保険料は年齢を重ねるほど高くなります。

ただ、早めに加入しても免責期間中にがんが発症する確率はあります。

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

このリスクは、がん保険のデメリットと言えるでしょう。

2.死亡保険金がない

死亡する可能性もあるがんなので、がん保険には死亡保障がついていると多くの方が勘違いしています。

しかし、ほとんどのがん保険には死亡保障がついていません、ついていたとしても保障は手厚くありません。

そのため、がん保険とは別途に死亡保険にも加入する必要があります。

ただ、死亡保障がないがん保険の保険料は安いです。

そういった意味では完全なデメリットとは言えませんが、死亡保障も付いているとよかったという方もいるでしょう。

医療保険の主な保障とメリット・デメリット

民間の生命保険会社が販売する医療保険には定期型と終身型の2種類があります。

定期型は加入時期には保険料が安いですが、契約更新のたびに保険料が値上がりするタイプ。

終身型は、加入時の保険料は高いですが、保険料は一生値上がりしないタイプです。

医療保険の主な保障は以下の通り。

医療保険保障内容一覧表

保障内容 詳細
入院保障 病気で入院したときにかかる入院費用を保障。

支払日数には制限があり、1入院:60日、通算:1,000日が一般的

手術給付金 病気やケガによる手術を受けたときに支払われる給付金
三大疫病保障 三大疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞)での手術・入院に対して給付金が与えられる。

保険会社で異なるが、支払日数は無制限のところが多い

先進医療保障 健康保険、高額療養費制度が適用されない先進医療でかかる技術料を保障。

保障内容は保険会社によって異なるが、技術料と同額、通算2,000万円までが一般的。

女性向け医療保険 乳がん、子宮がんなどの女性特有の病気に対して手厚い保障を与えてくれる女性向けの医療保険です。
がん特約 がんと診断された場合に支払われる一時金や通院治療をした際に支払われる給付金

がん保険はがんに特化した保険なのに対し、医療保険は様々な病気に対応した万能型の保険です。

医療保険3つのメリット

多くの方が加入している医療保険。

医療保険は不要だと言われるなか、人気を保っている理由は主に以下の3つ。

・保障範囲の広さ
・先進医療費の保障
・三大疾病で支払われる一時金

まずは医療保険3つのメリットについて解説していきます。

1.保障範囲の広さ

医療保険の最大のメリットは、その保障範囲の広さです。

誰もが大きな病気になる確率があります。

所定の病気になった時に、給付金を支払ってくれるのは、精神面でも経済面でも助かります。

医療保険が適用される病気では、健康保険が適用されます。

そのため、自己負担額は3割。

また高額療養費制度を利用すれば、毎月の医療費を10万円以内に抑えることができるでしょう。

そのため、普段の収入や貯蓄で医療費を負担することはできます。

しかし、毎月10万円の負担は大きいですよね。

毎月の家計に10万円加わると考えてみてください。

貯蓄が十分にある方は問題ないかもしれませんが、多くの方にとっては大きな負担となるはずです。

様々な病気・手術で給付金を受け取ることができるのは、医療保険の魅力です。

2.全額自己負担の先進医療を負担してくれる

最新の技術が使われる先進医療は、健康保険が適用されないので、技術料は全額自己負担となります。

先進医療は大きな費用がかかるので、全額自己負担だと払うことができないという方が多いです。

以下が先進医療技術料の例です。

重粒子治療 約308万円
陽子線治療 約268万円
多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術 約53万円
高周波切除機を用いた子宮腺筋症核出術 約30万円

一般的な人々が、簡単に払えるお金ではありませんよね。

費用が問題となって、先進医療をあきらめなければいけない可能性もあります。

しかし、病気や治療経過によっては先進医療を受ける必要もあるでしょう。

最善の治療となり得る先進医療に備えるためにも、先進医療保障特約のついた医療保険に加入するといいでしょう。

3.三大疾病に支払われる一時金

多くの医療保険ではがん、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病病に対して手厚い保障があります。

がん保険にも一時診断金がありましたよね。

医療保険にも一時診断金があり、対象となるのはがん・急性心筋梗塞・脳卒中です。

しかし、これははじめからついている保障ではなく、特約となっていることが多いので注意です。

一時金は入院・治療が長期間に及ぶ三大疾病では大きな味方となります。

一時金は自由に使っていいお金です。

治療費用はもちろん、退院後にかかる各費用にあててもいいですね。

以下が退院後にかかる主な費目です。

・職を失ったり、収入が減ったりした分の補てん
・後遺症が発生した場合のバリアフリー改築費用
・退院後も続くリハビリ費用
・自由診療(保険適用外)の治療費用

治療が長期化しやすく、費用もかかる三大疾病に手厚く備えることができるのは大きな魅力ですね。

医療保険の4つのデメリット

がん保険と比較すると医療保険は必ずしも必要ではないといわれます。

その理由は4つ。

・年々減少している入院日数
・非現実的な1,000日入院保障
・年齢によっては必要なくなる医療保険
・厳しい加入制限

これら4つのデメリットを知ることで、医療保険が不必要であると言われる理由が判明します。

1.年々減少する短い入院期間

以前は病気治療のための入院は長期化に渡ったため、医療保険が大活躍しました。

しかし、医療技術が発展した現代では通院しながら治療を行う通院治療が主流となっています。

つまり、入院日数が減少しているということですね。

参考:厚生労働省資料「平成26年9月傷病分類別にみた年齢階級別退院患者の平均在院日数」

上の表は、年齢別・病気別の平均入院日数です。

見てわかる通り、入院が長期化するといわれている三大疾病でも1か月以内に退院することがほとんどです。

特に働き盛りの35~64歳の入院日数は非常に少ないです。

全体の平均を大きく上げているのは、65歳以上の高齢者たち。

64歳以下は2週間以内での退院が現実的です。

そのため、医療保険や高額療養費制度を利用すれば、30万円もしくは念には念を入れて50~60万円の貯金がある方は医療保険が必要ないかもしれません。

2.1,000日入院保障は非現実的

一般的な医療保険で支払われる入院給付金は、1回の入院で60日、通算で1,000日までの支払となります。

つまり、1日の入院給付金が1万円ならば最大で60万円まで給付金を受け通ることができるということですね。

入院給付金は一見すると便利で助かります。

しかし、入院給付金を受け取る確率は非常に低いです。

例えば、Aという病気で60日間入院したとしましょう。

退院後、2か月以内に再びAという病気を再び発症した場合に得られる入院給付金は、1回目の入院の60日分だけです。

実は同じ原因・病気では、退院から次の入院までの間隔が180日以上経過している必要があります。

通算1,000日の入院保障は非現実的です。

1回の入院を60日と考えると、約17回もの入院になります。

さらに同じ病気の場合は、1回目の入院から次の入院までの期間が180日以上空いている必要があります。

違う病気ならば問題ありませんが、そんなに数多くの病気で入院する人がどれだけいるでしょうか。

また1,000日保障の時代に取り残された感も否めません。

入院日数が年々減少している現代では、入院給付金に魅力を感じている人も減少しているはずです。

3.子ども用の医療保険は必要ない人が多いかも

子ども用の医療保険に加入するべきかどうか悩んでいる方は多くいますが、多くの方にとっては必要ないかもしれません。

地方自治体にもよりますが、子どもの医療費が全くかからないところも数多くあります。

多くの地方自治体では中学生までの医療費用が無償となっていて、なかには高校生までの医療費用が無償になっているところもあります。

負担するとしても大きな額にはならないほど、子どもの医療費助成制度は充実しています。

まずは住んでいる自治体の医療費助成制度を確認してみましょう。

子ども用の医療保険はもちろん、学資保険に医療特約を付ける必要がないかもしれません。

4.厳しい加入制限

医療保険は幅広い病気に対応する分、加入制限が厳しくなっています。

がん保険では、がんもしくはがんに関連する病気になった経験がある場合には加入が難しくなりますが、その他の病気の場合は加入できます。

医療保険の場合は過去に病気や手術経験、もしくは持病などがある場合は加入できない可能性が高いです。

現在は、持病があっても入れる保険がありますが、普通の医療保険と比較すると保険料は割高です。

がん保険と医療保険では重複に要注意!

がん保険と医療保険の両方に加入することを検討するのも1つの手段です。

2つとも保険料が比較的安いため、両方に加入している人はいます。

しかし、その際には保障内容が重複しないように気を付けてください。

例えば、医療保険とがん保険の両方に先進医療保障を付けても無駄ですよね。

がん保険は医療保険の1種です。

そのため、2つの保険で重複している保障は多々あります。

2つに加入してもいいですが、その際には保障内容が重複しないようにしましょう。

がん保険と医療保険の決定的な2つの違い

がん保険と医療保険は似ている保険ですが、決定的な違いが2つあります。

それは支払日数限度の有無と通院給付金の有無。

もちろん、他にも異なる点はあります。

しかし、今回押さえていただきたい違いは2つだけ。

早速、2つの違いを解説していきます。

1.支払日数に限度がある医療保険と限度がないがん保険

支払日数限度の有無は大きな違いです。

がん保険では入院・手術給付金の支払限度に上限はありません。

対して、医療保険では支払日数が無制限となるものは少ないです。

再発・転移のリスクが常に伴うがん治療では、入院・手術給付金が無制限である必要があります。

もちろん医療保険にも、がんを含む三大疾病での入院・手術の場合には支払日数が無制限になるものもあります。

しかし、主契約に含まれているのではなく、特約として付帯しなければいけない場合がほとんど。

特約は無料ではないので、保険料が少し高くなってしまいます。

2.通院給付金があるかどうか

がん保障で絶対に欠かせないのは支払限度日数と通院給付金。

これからのがん保険では、絶対に通院給付金保障を得るものを選ばないといけません。

がん治療に関する技術はこれからも発展し続け、入院日数が今よりも短くなる可能性があります。

その時に通院給付金がある保険に入っていないと、経済的に大きな痛手を受けてしまいます。

残念ながら、医療保険で通院給付金があるのは少ないです。

あっても特約として付帯しないといけません。

また古いがん保険に加入している方も要注意です。

古いタイプのがん保険には通院給付金がついていません。

昔加入したがん保険があるならば、一度保障内容を見直してみましょう。

がん保険と医療保険どっちがいいの?

もし医療保険とがん保険のどちらにも加入していなくて、これからどちらに加入するのか迷っているならば、がん保険をおすすめします。

医療保険の対象となる病気は健康保険が適用されます。

つまり、自己負担が3割になり、高額療養費制度でさらに支払う金額が安くなるのです。

医療保険対象の病気になると家計が少し苦しくなりますが、決して払えない額ではありません。

しかし、がん治療は違います。

がん治療費は、ある程度の貯金があっても補うことが難しいです。

先進医療を受ける確率は低いですが、完全に0とはいえません。

がん治療の先進医療技術料は他の病気とは違い、300万円近くになります。

医療保険の病気は公的補助で対処できるのに対し、がん治療は種類によって公的補助が適用されません。

先進医療、自由診療をはじめとするどんな治療にも対処できるように、がん保険でしっかり備えておくのが安心です。

がん保険と医療保険まとめ

がん保険と医療保険はよく似ていますが、実は保障内容は大きく違うものです。

今回はがん保険と医療保険の違いをメインにたくさん解説しました。

ぜひ覚えていただきたいのは、以下4つのポイントです。

・がん保険は支払日数が無制限
・現代では通院給付金があるのかどうかが重要
・医療保険は年齢によっては加入する必要がない
・どちらに加入するか迷ったら、がん保険がおすすめ

あくまでもおすすめはがん保険ですが、個人によって求める保障は異なります。

どちらに加入するべきか迷ったら、一度FPに無料相談するといいかもしれません。




日本人の2人に1人はガンになると言われています。

高額療養費制度があると言っても、ガン治療には膨大な費用が必要です。

いざという時に、1度に100万円を超えるお金を支払える家庭は決して多くないのが現実。

また、大切な家族の為にも働けない間の収入も確保しなければなりません。

がん保険は絶対に必要ですし、安易にランキングや雑誌を見て選んでしまうのは非常に危険です。

ガン保険は安易に決めるのではなく、プロに総合的に設計を相談するのが1番です。

また、ガン保険は思い立ったが吉日。今すぐに検討を開始するべきなのは言うまでもありません。

実際に、後回しにした結果、ガンが発覚し加入することが出来なくなった人は非常に多いです。

保険は人生で2番目に高い買い物。

月々の支払いは少なくても、人生スパンで考えるとその支払額は数百万円にもなります。

失敗しない為にも、プロに総合的なライフプラン設計を相談することをおすすめします。

よく読まれている人気記事

がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒

-未分類

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.