がん保険ラボ|おすすめ人気ランキングとFPが教えるガン保険選び方

未分類

メットライフ生命【GuardX ガードエックス】をFPが徹底評価!

更新日:

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

メットライフ生命 Guard Xガードエックスの詳細とメリット・デメリット

がん経験者の声を参考に作られたがん保険がGuard Xです。

多くのメディアに高く評価されているがん保険の人気の理由は、2つのメリットにあります。

それが通院治療でも支払われる治療給付金とカスタマイズ性。

しかし、自由診療では治療給付金が出ない、上皮内新生物だと治療給付金が半額になるというデメリットも。

今回は加入する前に知っておくべきGuard Xの詳細、加入・解約方法、メリット・デメリット、そしておすすめできる保険なのかどうかを解説します。

メットライフ生命GuardX(ガードエックス)の詳細

メットライフ生命が販売するGuard Xは約2,000人のがん経験者の声から生まれた保険。

つまり、がん経験者が「こんな保障があったらいいのに」、「あの保障はいらないかな」などの声を反映したがん保険です。

多くの方が必要となる基本保障に加え、オプションを付帯することで、あなたにピッタリのがん保険を作ることができます。

がん保険に加入する際に気を付けていただきたい注意点が1つあります。

それは、がん保険加入後すぐに保障が開始されることはないということです。

Guard Xの場合は、保険期間の始期を含めて91日目から保障が開始されます。

つまり、最初の90日間は保障されないということです。

メットライフ生命ガードエックス3つの基本保障

Guard Xには3つの基本保障があります。

・がん治療給付金一括50万円もしくは100万円
・入院、通院にかかわらず受け取れるホルモン剤給付金
・保険料払い込み免除

これら3つの基本保障に加え、先進医療保障、通院保障、診断保障、入院保障を付帯することが可能です。

ここからはメットライフ生命 Guard Xの保険料とプラン、保障シミュレーション、加入方法と解約方法について解説します。

メットライフ生命 Guard Xの3つの基本保障と4つのオプション

保険選びでは、保障内容を理解することが大切です。

Guard Xの3つの基本保障と4つのオプション保障は、どんなときにどのような保障をしてくれるのでしょうか?

ここからは、Guard Xの保障内容を詳しく解説します。

がん治療給付金(基本保障)

がん治療給付金は1年に1回、通算5回支払われます。

ただし、治療給付金を受けとるためには以下2つの条件のどちらかに該当する必要があります。

1. 手術、放射線治療、抗がん剤治療のがん三大治療のいずれか一つでも治療を受けるとき。

入院・通院どちらでも受け取ることができます。

2. 転移の可能性がある悪性新生物がステージ4などの最も症状が進行した状態だと診断され、その日以降に入院または通院を開始したとき。

病気分類がないがんと診断された場合には支払条件の対象になりません。

ホルモン剤治療給付金1回10万円(基本保障)

入院・通院にかかわらずホルモン剤治療が開始されたら、ホルモン剤治療給付金が支払われます。

給付金は1年に1回が限度で、通算10回受け取ることができます。

つまり、治療が長期化しても安心して治療に臨むことができるのです。

保険料払い込み免除(基本保障)

参考ニッセンライフ「第1回がん患者アンケート」

がんと診断されると、その後の保険料の支払いが不要になります。

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

上のグラフは、がんと診断された後の仕事の変化についてのアンケートです。

28.7もの人が、がん診断後に無職になっています。

あなたもワークスタイルが変化しないとは言い切れません。

保険料払い込み免除があれば、収入に不安が生じても、保険料支払いの不安がなくなります。

がん先進医療保障(オプション)

高度な技術を用いた最新の治療が先進医療です。

高額な技術料を支払わなければいけない先進医療は健康保険が適用されないので、全額自己負担となります。

Guard Xの先進医療保障は技術料と同額を通算2,000万円まで保障してくれます。

また給付金が支払われる治療を受けたとき、技術料相当額の20%が支援金として支払われます。

この限度額は1回につき100万円までです。

がん通院保障(オプション)

がん治療を目的とした通院したとき、1日に5,000円の通院サポート給付金が支払われます。

支払い基準期間は1年に60日です。

がん治療は入院治療中心から通院治療中心になってきています。

病院までの通院費用や遠くの医療機関に行くと交通費や宿泊費などがかかりますよね。

そういった通院に関する費用をサポートしてくれる保障です。

がん診断保障(オプション)

がんと診断されたら給付金を受け取ることができる保障です。

給付金額は以下の通りです。

・悪性新生物:50万円1回のみの支払い
・上皮内新生物:25万円2年に1回を限度に何度も支払われる

がん診断保障は、どんな用途で給付金を使っても構いません。

がんと確定診断された時点で給付金を受け取ることができるがん診断保障は、がん保険ならではなの保障です。

がん入院保障(オプション)

がん治療目的で入院した場合、1回の入院日数が60日までなら1日5,000円、61日目からは1日10,000円を無制限で支払ってくれる保障です。

また退院日の翌日から180日経過後に再入院すると、新たな入院とみなされるので再び保障を受けることができます。

メットライフ生命 Guard Xの保険料とプラン

メットライフ生命Guard Xは主に以下6つのプランに分けることができます。

・50万円コース、シングルタイプ
・50万円コース、充実タイプ
・50万円コース、オリジナルプラン
・100万円コース、シングルタイプ
・100万円コース、充実タイプ
・100万円コース、オリジナルタイプ

がん治療給付金に応じて50万円か100万円を選びます。

シングルタイプは基本保障のみで保険料を安く抑えたもの。

充実タイプは、基本保障+オプション付帯で保障を充実させたもの。

オリジナルタイプは、必要な保障だけを自分で選ぶオーダーメイドプランです。

後ほど保険料シミュレーションを実際に行いますが、Guard Xの毎月の保険料はお手ごろなものです。

年齢、性別、保障内容などで保険料は異なりますが、一般的に約2,000~4,000円ほど。

保険料払い込み期間は終身で、先進医療特約は10年更新です。

メットライフ生命 Guard Xの保険料と保障シュミレーション

今回はオリジナルタイプを除く、4つのプランの保険料をシミュレーションして見てみます。

契約者条件とシミュレーション結果は以下の通りです。

【契約者条件】
・契約者男性、35歳
・保険料払い込み期間終身

 

保障 50万円シングルタイプ 50万円充実タイプ 100万円シングルタイプ 100万円充実タイプ
がん治療 がん悪性新生物50万円

上皮内新生物は25万円

がん悪性新生物50万円

上皮内新生物は25万円

がん悪性新生物100万円

上皮内新生物は50万円

がん悪性新生物100万円

上皮内新生物は50万円

ホルモン剤治療 10万円 10万円 10万円 10万円
保険料払い込み免除 あり あり あり あり
がん先進医療 なし あり なし あり
がん通院 なし 日額5,000円 なし 日額5,000円
がん診断 なし がん悪性新生物50万円

上皮内新生物は25万円

なし がん悪性新生物50万円

上皮内新生物は25万円

がん入院 なし 60日目まで日額5,000円

61日目から日額10,000円

 

なし 60日目まで日額5,000円

61日目から日額10,000円

月々の保険料 1,146円(女性:1,890円) 3,173円(女性:3,701円) 2,232円(女性:3,467円) 4,259円(女性:5,278円)

※2017年7月6日調べ

メットライフ生命ガードエックスへの加入方法

メットライフ生命Guard Xに加入する方法は主に郵送での申し込みか、インターネットでの申し込み、そして対面での申し込みになります。

特に理由がなければ、インターネットでの申し込みがいいでしょう。

その理由は3つ。

1. 手軽に加入できる
2. 郵送よりも保障開始時期が12か月早くなる
3. インターネットで申し込んだら、オリジナルグッズがもらえる

インターネットで申込する場合は、以下の4ステップで加入できます。

1. 公式ホームページでプランを選び申し込む
2. 送られてくる必要書類の送付
3. 申し込み内容の審査
4. 契約成立

郵送での申し込みは、以下の4ステップです。
1. ネットや電話で資料問い合わせ
2. 必要書類の送付
3. 申し込み内容の審査
4. 契約成立

対面での申し込みは、以下の3ステップです。
1. ネットや電話で無料相談の予約を行う
2. 担当者と相談日を電話で決める
3. 相談実施

がんというデリケートな病気を扱うがん保険では告知義務がある場合がほとんどです。

Guard Xも例外ではなく、健康状態や職業について告知をしなければいけません。

告知条件によっては、契約が制限される可能性があります。

さらに、入院中の方は契約することができません。

メットライフ生命ガードエックスの解約方法

Guard Xを解約する際には、電話で解約手続きをしなければいけません。

解約返戻金はないので、解約をする際にはよく考えましょう。

他のがん保険に乗り換えることで保険料を安く抑えることができる可能性はあります。

しかし、以下のデメリットもあります。

・解約返戻金を受け取ることができない
・新たに契約する場合は、年齢が上がることに伴い、保険料が高くなる
・場合によっては加入できない可能性もある

解約自体は簡単に行えますが、解約後に新規加入するのは難しいことがあるかもしれません。

現状や将来の見通し、新たに求める保障などをよく考え、十分に納得してから解約するようにしましょう。

加入前に知りたいメットライフ生命ガードエックス2つのメリットと2つのデメリット

がん保険加入の際には、その保険のメリットだけではなく、デメリットも知ることが大切です。

Guard Xには知っておきたいメリットとデメリットが2つずつあります。

2つのメリットは、通院でも1年に1回支払われる治療給付金と自分好みのがん保険を作ることができること。

2つのデメリットは、治療給付金に関することです。

早速、大人気がん保険Guard Xの2つのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット1. 1年に1回支払われる治療給付金

1年に1回支払われる治療給付金は、Guard Xの大きなメリットです。

がん治療の継続期間は個人によって異なります。

例えば早期発見できたら、外科手術で腫瘍を取り除くだけで完治することができるので治療期間も短いです。

しかし、症状が進んでいる場合には短期で治療が終わる可能性は低いです。

副作用を伴う放射線治療や抗がん剤治療は連日行うことは難しく、治療も長期化しがち。

また転移・再発のリスクもありますよね。

半年未満で終わる可能性もあれば、治療が5年以上続く可能性もあります。

毎年1回支払われる50万円もしくは100万円の治療給付金は、長期の治療に伴う費用をカバーしてくれます。

さらに他のがん保険とは違い、入院しなくても治療給付金が支払われることに注目です。

多くのがん保険では、2回目の治療給付金受け取り条件に「入院」を条件としています。

しかし、Guard Xでは通院でも治療給付金が支払われます。

通院治療が主流となっている今、通院治療でも毎年1回治療給付金を受け取ることができるのは大きな魅力です。

メリット2. 自分好みのがん保険を作ることができる

Guard Xでは、自分好みの完全オリジナルがん保険を作ることができます。

人によって、がん保険に求める保障は異なります。

先進医療保障が欲しい方もいれば、入院よりも通院保障が必要な方もいます。

特に入院保障を外すことができるのは嬉しいですよね。

通院治療が中心となっているため、わざわざ保険料を高くしてまで入院保障を払いたいという方は少ないでしょう。

どんなニーズにもあったがん保険を作ることができる柔軟性は大きな魅力です。

デメリット1. 上皮内新生物と治療給付金は半額に

上皮内新生物とは、症状がほとんど進行していないがんのことです。

自覚症状がなく、外科手術や内視鏡手術で治療することが可能です。

再発の可能性も低いので、治療期間が短くなります。

そのため、治療給付金が半額になるのです。

治療費用が少なく、再発リスクも低いので妥当な給付金額ではあります。

しかし、上皮内新生物と悪性新生物の給付金が同額ながん保険もあるところを考慮すればデメリットと言えるでしょう。

デメリット2. 自由診療では治療給付金が出ない

治療給付金が支払われる条件は、公的医療保険制度の給付対象となるがんの三大治療を受けたときです。

つまり、健康保険対象外となる自由診療を選択した場合には、治療給付金を受け取ることができません。

実はがん治療では健康保険対象外となる治療が多いです。

日進月歩で技術が発達しているがん治療では、新たな治療薬が世界中で開発されています。

最新の治療薬は健康保険対象外の確率は高いです。

保険に入っても、給付金を受け取ることができない可能性があるのはデメリットです。

メットライフ生命ガードエックスの評判

メットライフ生命Guard Xの評判は素晴らしいです。

各メディアが行っているランキングで1位、2位を何度も獲得しています。

メットライフ生命が行った「保険金・給付金のご請求に関するアンケート」でも、95.2の人が満足していると回答。

ネットで気軽に加入できる便利さもあり、実際の評判もかなり高いです。

評判は数あるがん保険の中でもトップクラスなので、加入しても後悔する可能性は低いでしょう。

メットライフ生命ガードエックスはおすすめできるがん保険なのか

Guard Xは確実におすすめできるがん保険の1つです。

がん経験者の声をもとに作られたがん保険ということもあり、保障内容は現代のがん治療にマッチしたものばかり。

何より、自分で保障内容を柔軟にカスタマイズできるのは嬉しすぎる魅力です。

そのため、がん保険に求める保障内容がはっきりしている方は、一度真剣に加入を検討してみる価値はあります。

気になる点は、女性の保険料が男性よりも高いことです。

もちろん女性にもおすすめできますが、女性は乳房再建術や女性特有のがん保障に手厚い保険に目を向けてみてもいいかもしれませんね。

男女ともにおすすめできるがん保険ではありますが、大切なのはあなたのニーズに合ったものを選ぶことです。

メットライフ生命ガードエックスまとめ

メットライフ生命のGuard Xは、各メディアで高く評価されているがん保険です。

Guard Xに加入すると、現在のがん治療に必要な保障を得ることができます。

今回ぜひ押さえていただきたいポイントは以下の4つです。

・Guard Xはがん経験者の声を反映したがん保険
・治療給付金がメリットになることもあれば、デメリットになることも
・Guard Xは各メディアが高く評価している
・Guard Xは一度は検討してみるべきおすすめの保険

Guard Xの魅力はオリジナルのがん保険を作ることもできることです。

まずは、自分がどんな保障を求めているのかを明確にしましょう。

そのためにも、人生設計のプロであり、保険にも精通しているFPに一度無料相談してみるといいかもしれませんね。




日本人の2人に1人はガンになると言われています。

高額療養費制度があると言っても、ガン治療には膨大な費用が必要です。

いざという時に、1度に100万円を超えるお金を支払える家庭は決して多くないのが現実。

また、大切な家族の為にも働けない間の収入も確保しなければなりません。

がん保険は絶対に必要ですし、安易にランキングや雑誌を見て選んでしまうのは非常に危険です。

ガン保険は安易に決めるのではなく、プロに総合的に設計を相談するのが1番です。

また、ガン保険は思い立ったが吉日。今すぐに検討を開始するべきなのは言うまでもありません。

実際に、後回しにした結果、ガンが発覚し加入することが出来なくなった人は非常に多いです。

保険は人生で2番目に高い買い物。

月々の支払いは少なくても、人生スパンで考えるとその支払額は数百万円にもなります。

失敗しない為にも、プロに総合的なライフプラン設計を相談することをおすすめします。

よく読まれている人気記事

がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒

-未分類

Copyright© , 2019 AllRights Reserved.