がん保険ラボ|おすすめ人気ランキングとFPが教えるガン保険選び方

未分類

胃がん検査の方法や費用って?3つの検診方法をFPが徹底解説!

更新日:

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

胃がん検査全3つの方法検診費用と期間

最も有名ながんの一つが胃がんです。

そのため、胃がんの対策をしたいという方は多いです。

しかし問題は、どうすればいいのかわからないということ。

胃がん対策で重要なのは、定期検診を受診することです。

定期検診を受けることで、早期発見ができ、完治する確率を劇的に高めることができます。

ではどのような検診が行われるのか?

頻度は?

費用は?

今回はそんな胃がん検査に関する疑問をすべて解説します。

胃がん3番目に発症率が高い部位!

 

参考国立がん研究センター

日本人の胃がん発症率は非常に高いです。

胃がんの発症率は男性で1番高く、女性では3番目に高い、そして全体では2番目に発症率が高い部位ということが判明しています。

国立がん研究センターによると、男性の9人に1人、女性の18人に1人が胃がんを発症することがわかっています。

胃がんは、誰もが高い確率で罹患するがんです。

年齢別でみると、胃がんは40歳代後半から増加します。

男女ともに40歳代後半から増加し、70歳代から80歳代にかけてピークを迎えています。

20歳代から30歳代で胃がんに罹患する人の割合は少ないです。

そのため、40歳代からは特に胃がんに気を付けるようにしましょう。

胃がんの3つの検査

胃がんに関する検査は様々あります。その検査は大きく3つにジャンルに分類することができます。

以下が3つのジャンルです。

・胃がんの疑いを調べる検査
・胃がんかどうかを確定する検査
・胃がんの進行状態を調べる検査

それぞれのジャンルで受ける検査内容が異なれば、目的も異なります。

がん検査に関する知識を持ち合わせていないがために、不安を抱えている方は多いです。

ここからは胃がんの検査を3つのジャンルに分けて解説します。

胃がんの疑いを調べる検査

胃がんの疑いを調べる検査は、健康な時に受診するのが大事です。

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

この検査の大きな目的は、胃がんの早期発見。

部位別がんでみると死亡者数が3番目に高い胃がんですが、ステージ1で発見することで完治できる可能性は大幅にあります。

また、早期発見だと外科手術だけですむ場合が多く、放射線や化学療法は行う必要がないかもしれません。

つまり、治療による副作用が少なくなることもあれば、治療費も安くなる可能性があるということです。

1.胃X線検査

バリウムと発泡剤を飲んで、胃の中にある粘液を調べるのが胃X線検査です。

一般的には写真を数枚撮影して、診断します。

検査では、早期の胃がんを発見することはもちろん、胃潰瘍やポリープをも発見することができます。

胃X線検査で精密検査と診断される人の割合は、全体の約5~20です。

その中でも、実際に胃がんと診断されるのは1,000人に1人くらい。

検査当日にはお腹の中にガスをためないことが大事なので、なるべく排便をするようにします。

また基本的には約6時間の絶食が必要です。

検査後には便秘が起きる可能性があります。

胃X線検査は誰もが受診できる検査ではありません。

腹部の手術経験者、妊婦、緑内障の方などは受診できない可能性もあります。

そのため、まずは医師に相談をしてみましょう。

2.内視鏡検査

内視鏡という器具を口または鼻から挿入して、胃を観察する検査を内視鏡検査と言います。

検査当日には胃をきれいにする薬をまず飲みます。

内視鏡検査というと強い痛みを気にする方がいますが、検査前には麻酔薬を飲みます。

そのため、個人差にもよりますが強い痛みはありません。

また胃の動きを止める薬や鎮静剤を注入する場合もあります。

検査時間は5~15分程度。

検査当日にはジュースやタバコなどは控えましょう。

3.ペプシノゲン検査

ペプシノゲン検査は血液検査のことです。

委縮した胃粘膜から胃がんが発見されることがあります。

一般的には胃の炎症や委縮の広がり具合を調べる検査ですが、まれに胃がんが発見されることがあるのです。

検査方法は血液を少量採取するだけの非常に簡単な方法。

胃がんかどうかを確定する検査

胃がんの疑いがあると診断されたら、精密検査を受診することになります。

精密検査の目的は、胃がんかもしれないという疑いを確信に変えること。

これから紹介する検査で、胃がんかどうかがはっきりとします。

また胃X線検査などでがんの疑いがあると診断されたら、必ず精密検査を受診するようにしてください。

精密検査で胃がんと診断される割合は少ないですが、可能性はあります。

早期発見のためにも必ず精密検査を受診しましょう。

1.生検

生検とは、がんの疑いがある病変の一部を切り取って、観察する検査方法のことです。

病変の採取方法は内視鏡検査のように体の中に器械を入れて採取する、もしくは超音波やX線検査を利用して体の外から針を刺して採取します。

組織の採取量は非常に少ないので、大きな痛みはありません。

生検でがんの診断や良性と悪性の区別をつけることができます。

2.病理検査

病理検査もまた、がんの疑いがある組織を採取して、顕微鏡などで観察する検査方法です。

病理検査では、良性と悪性の区別、組織や細胞の性質を詳しく調べることができます。

胃がんの進行度合いを調べる検査

生検と病理検査で胃がんと診断されたら、症状の進行具合を調べる検査が行われます。

がん治療を始める前には、腫瘍の進行具合を調べることが必要です。

さまざまな検査を受けて、総合的に症状の進行具合が判断されます。

基本的に結果はステージで表され、ステージ1が早期発見の状態、ステージ4が最も症状が進んだ状態です。

1.エコー検査

超音波を利用して、体の断面を見る検査をエコー検査と言います。

エコー検査は、妊婦のお腹に器具を当てて赤ちゃんの状態を確認する検査と同じです。

検査は、リンパ節転移の有無、他の臓器への転移の有無を見るために行われます。

X線検査とは異なり、被爆の心配がないため、妊娠中の方でも受診することができます。

2.CT検査

CT検査は、体の内側を撮影する検査。

X線を使用するので、妊婦の方は受診することができないかもしれません。

また検査にはヨード造影剤が使用されるので、腎臓病、喘息、アレルギーなどがある方は担当技師にその旨を伝えましょう。

全身を検査することができるCT検査では、リンパ節転移の有無と他の臓器への転移の有無を確認することができます。

注腸検査

注腸検査は肛門からバリウムと空気を注入した後に、X線写真を撮る検査です。

検査前日には、腸内をきれいにする目的で検査食を食べます。

注腸検査の目的は、胃の近くに位置する大腸にがんが広がっていないかどうかを調べることです。

胃がん検査の費用はいくらくらい?

各地方自治体や企業検診が胃線検査を行っています。

そのため検診費用は自治体によって異なりますが、このような公的制度を利用することで無料もしくは自己負担額を少なくすることができます。

しかし、対象年齢外の方は検診費用が自己負担となります。

病院によって胃線検査の費用は異なりますが、相場は約10,000~15,000円です。

内視鏡検査の場合は約2万円前後となるでしょう。

もしがんの疑いがあると診断されると、精密検査を受診しなければいけません。

その場合は、健康保険が適用されることがほとんどなので、自己負担額は少なくなります。

気を付けなければいけないのが、自己判断で精密検査を受診するとき。

自己判断だと、健康保険が適用されないかもしれません。

事前に受診予定の医療機関へ費用の問い合わせを行うことをおすすめします。

胃がん検査を受診する期間はどれくらい?

2016年4月より、胃がん検診は胃線検査か内視鏡検査を選べることができるようになっています。

胃がん検診の対象者は男女ともに50歳以上。

胃がんの罹患率は50歳代から高まります。

そのため、1年に1回検診を受診するのがベストです。

少なくとも2年に1回は検診をするようにしましょう。

症状が進行した胃がん治療では、腫瘍を胃とともに外科手術で切除することがほとんどです。

しかし、リンパ節転移の可能性がほとんどない早期状態の胃がんの場合には、外科手術ではなく、内視鏡で切除することができる可能性があります。

内視鏡だと術後の負担も外科手術と比べると少なく、治療費も安くなります。

早期発見するためには、定期検診を受けるのが一番です。

現在では、病院に行く時間がない人のために胃がん検査キットが販売されています。

検査キットは郵送するだけなので、病院に行けない方は検査キットを購入してもいいですね。

胃がんの初期症状とリスクを知っておこう!

がんは遺伝的な要因が大きいと知られていますが、実は環境的な要因も発生リスクを高めます。

胃がんも例外ではなく、これまでの研究で以下の要因が発生リスクを高めると指摘されています。

・喫煙
・塩分の多い食品の過剰摂取
・野菜、果物不足
・ストレス
・ヘリコバクターピロリ菌

普段から健康的な生活を送るように心がけることが何よりも大事です。

注意したいのは、胃に炎症を起こすヘリコバクターピロリ菌。

中高年によく見られる菌で、胃がんの発生リスクを高める要因と考えられています。

まだまだ研究段階ですが、ヘリコバクターピロリ菌を除去できれば胃がんのリスクが低下します。

ヘリコバクターピロリ菌は療法で除菌することができるので、必ず除菌療法を受けるようにしましょう。

胃がん検査まとめ

罹患者数が2番目に多く、部位別死亡者数が3番目にも多い胃がん。

そんな胃がんは発生リスクを下げる予防も大切ですが、それよりも早期発見に努めることが重要です。

症状が進行していない胃がんは完治できる可能性が高いだけではなく、治療の負担も緩和されます。

今記事をまとめると、以下の5つがポイントになります。

・胃がんの罹患者数は3番目に多い
・早期発見できた胃がんは内視鏡治療を行える可能性がある
・検診費用は安く、健康保険も適用できる
・50歳代から1年に1回の検診を
・生活習慣が胃がんの発生リスクを高める

毎年のがん検診があなたの命を救い、精神的負担も減らします。

検診が手間と感じる方は多いですが、1年にたったの1回の受診です。

ぜひ、がん罹患リスクと真剣に向き合って、検診を受けるようにしてください。




日本人の2人に1人はガンになると言われています。

高額療養費制度があると言っても、ガン治療には膨大な費用が必要です。

いざという時に、1度に100万円を超えるお金を支払える家庭は決して多くないのが現実。

また、大切な家族の為にも働けない間の収入も確保しなければなりません。

がん保険は絶対に必要ですし、安易にランキングや雑誌を見て選んでしまうのは非常に危険です。

ガン保険は安易に決めるのではなく、プロに総合的に設計を相談するのが1番です。

また、ガン保険は思い立ったが吉日。今すぐに検討を開始するべきなのは言うまでもありません。

実際に、後回しにした結果、ガンが発覚し加入することが出来なくなった人は非常に多いです。

保険は人生で2番目に高い買い物。

月々の支払いは少なくても、人生スパンで考えるとその支払額は数百万円にもなります。

失敗しない為にも、プロに総合的なライフプラン設計を相談することをおすすめします。

よく読まれている人気記事

がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒

-未分類

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.