がん保険ラボ|おすすめ人気ランキングとFPが教えるガン保険選び方

未分類

三井住友海上あいおい生命&LIFE新ガン保険α【アンドライフ】5つの特徴をFPが解説!

更新日:

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

三井住友海上あいおい生命&LIFE新ガン保険αの詳細とメリット・デメリット

三井住友海上あいおい生命&LIFE新ガン保険は、保障内容がとにかく充実したがん保険です。

特約を付帯することによって、診断から退院までしっかりと保障をしてくれます。

そんな&LIFE新ガン保険のメリットは短期入院もしっかりと保障してくれること、先進医療費だけではなく交通費・宿泊費も保障、そして死亡保険金です。

対して、がん診断給付金の支払事由と保険料に関してのデメリットもあります。

今回は三井住友海上あいおい生命&LIFE新ガン保険の詳細、3つのメリットと2つのデメリット、評判、そしておすすめできるがん保険かどうかまで解説します。

三井住友海上あいおい生命&LIFE新ガン保険αの詳細

三井住友海上あいおい生命が販売する&LIFE新ガン保険αは、入院から退院までにかかる費用を保障してくれるがん保険です。

全体的に手厚い保障の印象を受けますが、いくつかの保障の給付金支払事由に注意しておかなければいけません。

入院と手術の基本保障に、いくつかの特約を付帯することができる正統派のがん保険と言えます。

&LIFE新ガン保険αは、様々ながん治療に柔軟に対応できる保障が充実したがん保険です。

基本的にがん保険では、上皮内新生物と悪性新生物では異なった保障になります。

しかし&LIFE新ガン保険αでは、上皮内新生物でも悪性新生物と同じ保障を受けることができるのです。

保障が充実している分、保険料は少し高くなっています。

&LIFE新ガン保険α加入検討の際には、考えなければいけないことがたくさんあります。

ここからは、&LIFE新ガン保険αの保障内容、毎月の保険料、加入・解約方法まで解説します。

三井住友海上あいおい生命&Life新ガン保険α2つの基本保障と5つのオプション

三井住友海上あいおい生命&LIFE新ガン保険αには2つの基本保障と5つのオプション保障があります。

主契約に含まれる保障に加えて、必要な特約を付帯するのが基本的な入りかたです。

以下が&LIFE新ガン保険の保障一覧です。

・がん入院給付金(主契約)
・がん手術給付金(主契約)
・がん診断給付金(特約)
・がん先進医療給付金(特約)
・在宅療養給付金(特約)
・がん治療通院給付金(特約)

特約を付帯することによって、がん診断から退院まで保障を受けることができますね。

がん入院給付金

がん治療を目的に1日以上入院したときに支払われる給付金です。

入院給付金額は、入院日数によって異なります。

・入院5日目まで:がん入院給付金日額の5倍
・6日以上の入院:がん入院給付金日額×日数

&LIFE新ガン保険では日帰り入院から保障してもらえます。

入院期間5日までの短期入院の場合は、入院給付金日額の5倍もらえるのは嬉しいですね。

支払回数は無制限なので、短期入院から長期入院までしっかりと保障されます。

がん手術給付金

がん手術を目的に約款(やっかん)所定の手術を受けたときに支払われる給付金です。

給付金額は、1回につきがん入院給付金日額の20倍。

放射線照射と温熱療法も支払い対象となります。

支払回数は基本的に無制限ですが、ファイバースコープによる治療などは60日に1回が制限となります。

死亡給付金

被保険者が死亡したとき、主契約・各特約の解約返戻金相当額の死亡給付金が支払われます。

解約返戻金は契約状況によって異なります。加入前に一度確認しておくといいかもしれませんね。

がん診断給付金

給付責任開始以降に初めてがんと確定診断されたときに支払われる給付金です。

給付金額は、入院給付金日額の100倍で、2年に1回を限度に支払回数は無制限です。

2回目以降はがんが原因で入院したときに支払われます。

がん治療通院給付金

がん治療を目的とした通院治療を受けたときに支払われる給付金です。

給付金額は、がん入院給付金日額×通院日数。

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

初めてがんと確定診断された日からその日を含めて5年間に行った通院が対象となります。

在宅療養給付金

在宅療養給付金とは退院給付金と同じです。

がん入院給付金が支払われる入院をして、入院日数が20日以上たった後、生存して退院した時に支払われます。
給付金額は、入院給付金日額の20倍にもなります。

しかし、在宅療養給付金が支払われる入院の退院日から、その日を含めて30日以内に再びがん入院給付金が支払われる入院をした場合には、在宅療養給付金は支払われません。

がん先進医療給付金

現在は様々ながん治療があり、中には公的医療保険の対象とならないものもあります。

その代表格が先進医療です。

最新の技術を用いた先進医療は公的医療保険の対象とならないため、全額自己負担となります。

また、がん先進医療の技術料は300万円を超えることもあるほど高額です。

がん先進医療特約を付帯しておくと、通算2,000万円を限度にがん先進医療にかかった費用と同額を保障してくれます。

また、約款所定の交通費・宿泊費1万円が支給されます。

がん死亡保険金

&LIFE新ガン保険αには、以下3種類の死亡保険金があります。

・がん死亡保険金

診断確定されたがんが原因で死亡したときに保険金が支払われます。

給付金額は、入院給付金額の100倍です。

・がん高度障害保険金

診断確定されたがんが原因で約款所定の高度障害状態になったときに保険金が支払われます。

給付金額は、入院給付金額の100倍です。

・死亡給付金

がん死亡保険金支払事由以外の事由で死亡されたときに保険金が支払われます。

支払給付金額は、特約の解約返戻金相当額です。

死亡保険金は3種類ありますが、保険金が重複して支払われることはありません。

つまり、高度障害保険金と死亡保険金・給付金が支払われるということはないということです。

&LIFE新ガン保険αの保険料とプラン

&LIFE新ガン保険α加入の際に決めるべきことは、主に2つです。

1つ目が入院給付金額日額、2つ目が付帯する特約です。

入院給付金額日額が他の保障の給付金額に影響を与えましたよね。

入院日額は2万円と1万円があるので、&LIFE新ガン保険αのプランは基本的に2つあるということですね。

特約は必要なければ付帯する必要はありません。

しかし、主契約だけで十分かどうかと言えば疑問が残ります。

予算やニーズと照らし合わせながら、付帯する特約を決めるといいですね。

&LIFE新ガン保険αの気になる保険料は、比較的高いです。

しかし、そのぶん保障が充実しているので妥当な保険料でしょう。

&LIFE新ガン保険αの保険料と保障シュミレーション

&LIFE新ガン保険αの具体的な保険料をシミュレーションして見てみましょう。

今回は契約者を30歳男性と設定します。

そのため、今回紹介する保険料は比較的安いものです。

契約者の年齢が上がれば、保険料は高くなります。

三井住友海上あいおい生命のウェブサイトでは、簡単に保険料のシミュレーションを行うことができるので、ぜひ一度あなたの年齢でシミュレーションを行ってみてください。

以下が契約状況とシミュレーション結果です。

【契約状況】
・契約者:男性30歳
・保険料払い込み期間:終身

【シミュレーション結果】

プラン 入院日額2万円プラン 入院日額1万円プラン
毎月の保険料 8,385円 4,237円
がん入院給付金 日額2万円 日額1万円
がん手術給付金 1回につき40万円 1回につき20万円
がん診断給付金 200万円 100万円
在宅療養給付金 40万円 20万円
がん先進医療給付金 技術料同額と約款所定の交通費・宿泊費 技術料同額と約款所定の交通費・宿泊費
がん治療通院給付金 2万円×通院日数 1万円×通院日数
がん死亡保険金 200万円 100万円

&LIFE新ガン保険αの保険料はやはり少し高いですね。

ちなみにですが、&LIFE新ガン保険αは女性の方が保険料が安くなります。

契約者年齢は同じで性別だけを女性にした場合の保険料は2万円プランで6,879円、1万円プランだと3,484円です。

この違いは大きいですよね。

&LIFE新ガン保険αの加入方法

&LIFE新ガン保険αに加入するときは、資料請求を行う必要があります。

三井住友海上あいおい生命のウェブサイトから資料請求をクリックして資料請求を行う、もしくはサービスセンターに電話をかけて加入の旨を伝えるといいでしょう。

送られてきた資料の中に申込書が入っています。

申込書に必要事項を記入して送付します。

その後、引受審査が行われ契約成立となります。

加入の際には健康状態や職業などの告知義務があります。

正確に告知を行わなければ、給付金が支払われなかったり、保障や特約の解約につながります。

&LIFE新ガン保険αの解約方法

&LIFE新ガン保険αの解約をするためには、ウェブサイトからカスタマーサービスに連絡をしましょう。

そこで解約の旨を伝えると、解約手続きの案内もしくは解約申込書が送られてくるはずです。

&LIFE新ガン保険αの解約返戻金は保険期間を通じて低く設定されています。

そのため、保障期間中に解約をすると解約返戻金はない、あってもごくわずかという場合がほとんどです。

解約返戻金は契約年数、契約種類などによって異なります。

基本的に保険は解約しない方がいいです。

保険料の支払いが困難という理由で解約を考えるならば、三井住友海上あいおい生命が行っている立て替えも考えてみるといいでしょう。

加入前に知りたい三井住友海上あいおい生命&LIFE新ガン保険α3つのメリットと2つのデメリット

三井住友海上あいおい生命&LIFE新ガン保険に加入するメリットは3つあります。

短期入院まで保障する入院給付金、先進医療特約、そしてがん保険には珍しい死亡保険金額です。

それに対して、加入前に絶対に知っておきたいデメリットが2つあります。

それが入院が条件のがん診断給付金と高額な保険料です。

ここからは、&LIFE新ガン保険の3つのメリットと2つのデメリットを解説していきます。

1.短期入院にもしっかりと保障(メリット)

&LIFE新ガン保険の入院保障は、日帰り入院も保障してくれる優れものです。

さらに、その給付金額にも注目してください。

入院5日以内の場合は、がん入院給付金日額の5倍の給付金を受け取ることができます。

つまり、入院給付金日額1万円の場合は5万円、入院給付金日額2万円の場合には10万円も受け取れるということです。

悪性新生物の場合は5日以内の入院はあまりありません。

しかし、早期発見のがんの場合だと5回以内に退院することも十分に考えられます。

長期の入院だけではなく、短期の入院もしっかりと保障してくれるのは嬉しいですね。

2.先進医療を受けると交通費・宿泊費も支給される(メリット)

ほとんどのがん保険には先進医療特約があります。

給付条件も&LIFE新ガン保険と同じで、通算2,000万円を限度に技術料と同額を支払うというものばかりです。

しかし、&LIFE新ガン保険の先進医療特約の保障はそれだけではありません。

先進医療は特定の医療機関で実施されます。

つまり、住まいの地域によっては遠方まで向かう必要があるということです。

その時にかかる費用が交通費と宿泊費。

&LIFE新ガン保険では技術費用だけではなく、交通費も、宿泊費も保障してくれます。

宿泊費は1泊1万円が限度ですが、十分な金額でしょう。

先進医療でかかる交通費・宿泊費まで保障してくれるがん保険は少ないです。

これは&LIFE新ガン保険ならではの魅力と言えます。

3.死亡保険金額が高い(メリット)

&LIFE新ガン保険は死亡保険金額までもがあります。

がんが原因で死亡したときに支払われるがん死亡保険金の給付金額は、なんと200万円か100万円。

これほど死亡保障が充実したがん保険はなかなかありません。

がん治療は発展してるとは言えども、まだまだ死亡率が高い病気です。

国立がん研究センターによると、男性の4人に1人、女性の6人に1人ががんで死亡する確率があるそうです。

万が一のことが起きても、残された人々のためにまとまったお金を残せるのは大きなメリットです。

1.入院が条件のがん診断給付金(デメリット)

がん診断給付金特約の支払事由が少し残念な点であります。

2回目以降の支払い条件は、入院が給付金の支払い条件となっています。

がん治療の主流は通院保障となってきているので、入院を全くしないで通院治療が行われる可能性があります。

特に上皮内新生物は入院をしない可能性が高いでしょう。

そう考えると、2回目以降に診断給付金を受け取れない可能性があるのはデメリットです。

2.保険料が高い(デメリット)

&LIFE新ガン保険は保障こそ充実していますが、保険料の高さが目立ちます。

特に男性の保険料は大きなデメリットです。

1万円プランでも4,000円以上、2万円プランの場合は8,000円を超えます。

多くのがん保険の保険料が2,000~3,000円で収まることを考えれば、安くても4,000円を超える保険料は大きな負担となります。

特に30歳代の子育て世代は、保険料が理由で入りづらさを感じることでしょう。

女性の場合はそれほど大きな負担にはなりませんが、男性への負担は大きすぎます。

保障内容が充実しているからこその保険料でしょうが、それでも高いと感じる人は多いはずです。

三井住友海上あいおい生命&LIFE新ガン保険αの評判

三井住友海上あいおい生命&LIFE新ガン保険の評判はまずまずです。

保障内容だけを見ると素晴らしいがん保険ではありますが、やはり保険料の高さは見逃せません。

現在は保険料を安く抑えたいという人々が増えてきています。

&LIFE新ガン保険は万人受けするがん保険ではありません。

そのため、各メディアが実施するがん保険ランキングにランクインする機会も少ないです。

保険料を気にしないという方からは高い評価を得てはいますが、どうしても他のがん保険に見劣りしている印象があります。

三井住友海上あいおい生命&LIFE新ガン保険αはおすすめできるがん保険なのか?

三井住友海上あいおい生命が販売する&LIFE新ガン保険は悪くありません。

しかし、一度他のがん保険にも目を通してみてください。

手ごろな保険料で充実した保障をしてくれるがん保険は少なからずあります。

例えば、チューリッヒ生命が販売する終身ガン治療保険プレミアム。

30歳男性の場合は全ての特約を付帯したとしても、保険料は3,000円を少し超えるだけ。

保障も無制限にしてくれるので、強くおすすめできるがん保険です。

チューリッヒ生命以外にも、優れたがん保険はあります。

幅広い視野を持って、多くのがん保険を見てください。

もしあなたが保険料をそれほど気にせずとにかく保障を重視したいと考えているのならば、&LIFE新ガン保険加入を検討してみる価値は十分にあります。

保険料を安く抑えたい方には、この保険は向いていません。

三井住友海上あいおい生命&LIFE新ガン保険まとめ

三井住友海上あいおい生命が販売する&LIFE新ガン保険は、保障内容が非常に充実したがん保険でした。

給付金額も高く、支払事由も非常に良いです。

しかし、保険料が高いという致命的な欠点がありました。

今回はたくさんのポイントを解説しましたが、ぜひ覚えていただきたいのは以下の5点です。

・短期の入院もしっかりと保障
・死亡保険金額は高い
・先進医療費だけではなく、交通費と宿泊費も保障
・保険料が高いのが大きな欠点
・2回目以降、入院しないと診断給付金が支払われない

悪いがん保険ではありませんが、ほかにも優秀ながん保険はいくつかあります。

様々ながん保険に目を通して、あなたにピッタリのものを選ぶようにしてください。




日本人の2人に1人はガンになると言われています。

高額療養費制度があると言っても、ガン治療には膨大な費用が必要です。

いざという時に、1度に100万円を超えるお金を支払える家庭は決して多くないのが現実。

また、大切な家族の為にも働けない間の収入も確保しなければなりません。

がん保険は絶対に必要ですし、安易にランキングや雑誌を見て選んでしまうのは非常に危険です。

ガン保険は安易に決めるのではなく、プロに総合的に設計を相談するのが1番です。

また、ガン保険は思い立ったが吉日。今すぐに検討を開始するべきなのは言うまでもありません。

実際に、後回しにした結果、ガンが発覚し加入することが出来なくなった人は非常に多いです。

保険は人生で2番目に高い買い物。

月々の支払いは少なくても、人生スパンで考えるとその支払額は数百万円にもなります。

失敗しない為にも、プロに総合的なライフプラン設計を相談することをおすすめします。

よく読まれている人気記事

がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒

-未分類

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.