がん保険ラボ|おすすめ人気ランキングとFPが教えるガン保険選び方

未分類

楽天生命ガン診断プラス3つの特徴とシュミレーションをFPが解説!

更新日:

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

楽天生命ガン診断プラスの詳細とメリット・デメリット

楽天生命ガン診断プラスは診断給付金を重視したがん保険。

基本保障が3つと特約が1つだけというわかりやすさが特徴です。

そんながん保険には、治療給付金の支払いペースが優れている、がん以外も保障する入院保障という2つのメリットがあります。

同時に、診断給付金の保障内容が少し弱く、保険料払い込み免除がないというデメリットも。

今回は楽天生命ガン診断プラスの詳細、2つのメリットとデメリット、評判、そしておすすめできるがん保険かどうかまで解説します。

楽天生命ガン診断プラスの詳細

楽天生命が販売するガン診断プラスは非常にシンプルな保障が目立つがん保険です。

一時診断金に力を入れており、主契約に含まれている他の保障は入院保障のみ。

特約も先進医療保障だけなので、診断給付金で手術費用や通院費用をサポートするがん保険ともいえます。

保障がシンプルな分、保険料も割安で若い世代も加入しやすいでしょう。

楽天生命ガン診断プラスには3つのがん診断給付金があります。

また保障によっては90日の待ち期間の後に保障が開始されるものもあれば、責任開始以降すぐに保障が開始されるものもあります。

ガン診断プラス加入前には確認しておかなければいけないことはたくさんあります。

ここからは、ガン診断プラスの保障詳細、気になる保険料とプランの紹介、そして加入・解約方法まで解説します。

楽天生命ガン診断プラン3つの基本保障と1つのオプション

シンプルな保障内容が特徴の楽天生命ガン診断プラスには、主契約に含まれる基本保障が3つとオプションで付帯することができる特約が1つだけあります。

以下がガン診断プラスの保障一覧です。

・がん診断給付金(主契約)
・がん治療給付金(主契約)
・入院支援給付金(主契約)
・先進医療給付金(特約)

ガン診断プラスの保障内容は、ほかのがん保険とは異なります。

特に給付金支払条件は注目しておきたいところです。

ガン診断プラスがあなたに合っているかどうかを見分けるには、保障内容を理解しておくことが大切です。

ここからはシンプルながら少しユニークな楽天生命ガン診断プラスの保障内容を解説します。

がん診断給付金

ガン診断プラスが最も力を入れているのが診断給付金です。

診断給付金は入院日数や手術の有無に関係なく支払われるので、まとまったお金が支払われるので様々な使い道をすることができます。

ガン診断プラスでは、上皮内新生物と診断された場合にも、悪性新生物と診断された場合にも診断給付金が支払われます。

診断給付金額はプランによって異なります。

以下が診断給付金額一覧です。

・100万円プラン:悪性新生物100万円、上皮内新生物10万円
・200万円プラン:悪性新生物200万円、上皮内新生物20万円
・300万円プラン:悪性新生物300万円、上皮内新生物30万円

上皮内新生物と悪性新生物は同額保障されません。

給付金支払回数は、悪性新生物も上皮内新生物も保障期間で1回限りです。

がん治療給付金

がん治療給付金もまた、がん診断給付金のようなものです。

がんには再発・転移がつきものです。

また2回がんに罹患する可能性も少なからずあります。

がんが再び発見されれば、治療期間が長くなり、それだけ治療費が高額になってきます。

がんは1度目で完治することが望ましいですが、残念ながら再発の可能性は低くはありません。

ガン診断プラスに加入しておけば、再発しても治療費用の心配はありません。

がん治療給付金は、がん治療を目的とした入院をしたときに、治療給付金が支払われる保障。

給付金額はがん診断給付金額と同額で、1年に1回を限度に通算5回まで支払われます。

5回も支払われるので、お金に関する心配は解消されるでしょう。

入院支援給付金

病気やけがで入院したときに支払われる給付金です。

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

給付金が支払われるためには、ケガや病気で1泊2日以上の入院をする必要があります。

もちろん上皮内新生物と悪性新生物が原因の入院でも給付金が支払われます。

入院給付金額は1日につき5万円で、180日に1回を限度に通算50回までです。

先進医療給付金

がんの技術は日々進歩して、最新の治療も開発されています。

最新の治療である先進医療を受けることができればいいのですが、なかなかそういうわけにはいきません。

先進医療は公的医療保険の対象とならないので、技術料が全額自己負担となります。

がん治療に対する先進医療はいくつかありますが、代表的なものが重粒子線治療。

重粒子線治療は約308万円という莫大な費用がかかります。

先進医療給付金を付帯しておけば、技術料と同額が給付金として支払われます。

通算限度額は2,000万円までです。

先進医療特約は10年更新なので、10年ごとに契約更新があります。

楽天生命ガン診断プラスの保険料とプラン

楽天生命ガン診断プラスはとてもシンプルながん保険です。

そのため、加入の際に考えなければいけないことも少ないでしょう。

ガン診断プラス加入時に決めるべきことは、主にがん診断給付金額と先進医療特約を付帯するかどうかだけです。

診断給付金額は100万円、200万円、300万円の3種類があり、診断給付金額によって上皮内新生物への保障金額が異なってきます。

診断給付金額が多いほど保障が充実していると言えますが、それだけ保険料も高くなります。

保険期間・保険料払い込み期間は終身のみだけ。

気になる保険料ですが、他のがん保険と比べると比較的安いです。

終身保険なので、保険料は生涯変わることはありません(先進医療特約を付帯すれば値上がりの可能性あり)。

保険には、契約時の年齢が高いほど保険料が高くなるという性質があります。

保険料が安い年齢の時に加入すれば、一生涯安い保険料で済むということです。

楽天生命ガン診断プラスの保険料と保障シュミレーション

楽天生命ガン診断プラスの保険料は安いですが、具体的にどのくらい安いのかをシミュレーションしてみましょう。

今回はがん診断給付金3つのパターンで具体的な保険料と保障内容をみてみます。

楽天生命のウェブサイトでは保険料のシミュレーションを行うことができます。

終身タイプのがん保険は保険料を長い期間払い続けることになります。

そのため、保険料は無理なく払えるものでなければいけません。

契約年齢、性別、給付金額などによって保険料は決まります。

加入検討の際には実際に一度シミュレーションをしてみるといいでしょう。

以下が契約状況とシミュレーション結果です。

【契約状況】
・契約者:男性30歳
・がん診断給付金額:100万円、200万円、300万円
・保険料払い込み期間:終身
・先進医療特約:あり

【シミュレーション結果】

プラン 診断給付金額100万円 診断給付金額200万円 診断給付金額300万円
毎月の保険料 2,252円 3,702円 5,152円
がん診断給付金額 100万円(上皮内新生物は10万円) 200万円(上皮内新生物は20万円) 300万円(上皮内新生物は30万円)
がん治療給付金額 100万円 200万円 300万円
入院支援給付金額 5万円 5万円 5万円
先進医療特約 通算2,000万円 通算2,000万円 通算2,000万円

診断給付金額100万円の場合は、毎月の保険料が約2,200円となります。

基本的に保険料が2,500円以内に収まるものは安いと言えます。

保障内容はシンプルではありますが、毎月2,000円程度だと負担なく支払うことができるという方もいるでしょう。

ちなみにですが、契約状況の性別だけを女性に変えると以下のような結果になります。

・100万円プラン:2,142円
・200万円プラン:3,462円
・300万円プラン:4,782円

女性の方が保険料は安いですね。

診断給付金額が大きいほど、男女の保険料の差は大きくなっています。

女性は特に加入しやすい保険なのではないでしょうか。

楽天生命ガン診断プラスの加入方法

楽天生命が販売するガン診断プラスの加入方法は主に3つあります。

郵送での申し込み、ウェブでの申し込み、そして対面での申し込みです。

どの方法で加入するにしても、健康状態や職業などの告知を行わなければいけません。

告知は正確に行いましょう。

虚偽の事実が発覚すると、給付金が支払われなかったり、特約や契約の解除につながったりすることもあります。

以下が3つの加入方法の流れです。

【郵送での申し込み】
1.ウェブで資料請求
2.1週間ほどで商品パンフレットとお申込みキットなどが到着
3.申込書と告知書に必要事項を記入
4.返送用封筒に必要書類を入れて送付
5.引受審査
6.契約成立

【ウェブでの申し込み】
1.ウェブにある「保険料の試算・申込」をクリック
2.「申込みをはじめる」をクリック
3.楽天会員IDをログイン(持っていない場合は新規登録の必要あり)
4.必要事項の記入
5.引受審査
6.契約成立

【対面での申し込み】
対面で申し込む場合は、ガン診断プラスを取り扱っている代理店もしくは保険のプロであるFPと無料相談を行います。

取り扱い代理店・FPをウェブで見つけたら、相談予約をしましょう。

代理店での相談では、あなたが向かう必要がありますが、FPとの相談では、FPが自宅や近隣のカフェまで来てくれます。

相談をして保障内容に納得したら加入手続きを相談員と共に行います。

加入方法に限らず、楽天生命ガン診断プラスには待ち期間と言うものがあります。

責任開始日から90日以内を待ち期間と言い、その間にがんと診断されてもがん診断給付金とがん治療給付金は必要されません。

しかし、入院支援給付金と先進医療特約には待ち期間がありません。

楽天生命ガン診断プラスの解約方法

ガン診断プラスを解約するためには、電話で解約の旨を告げなければいけません。

ウェブサイトに各種変更手続き専用ダイヤルがあります。

そこに電話をすることで解約の流れを説明してもらえるはずです。

解約時に返戻金が払われるがん保険はいくつかありますが、楽天生命ガン診断プラスには解約返戻金がありません。

解約返戻金をなくすことによって、手ごろな保険料を実現できているのです。

加入前に知りたい楽天生命ガン診断プラス2つのメリットとデメリット

楽天生命ガン診断プラスに加入することで得られるメリットは2つあります。

それが治療給付金の支払回数と入院支援給付金の支払い事由。

しかし、絶対に知っておきたいデメリットも同様に2つあります。

ガン診断プラスのがん診断給付金は少し保障が弱く、保険料払い込み免除もありません。

メリットだけではなく、デメリットも知ることで後悔のない選択をすることができるようになります。

ここからは、ガン診断プラス2つのメリットとデメリットについて解説しましょう。

1.治療給付金の支払回数(メリット)

ガン診断プラスのがん治療給付金の支払事由はユニークなものでした。

一般的ながん保険の診断給付金の支払い間隔は、2年に1回が限度。

しかし、ガン診断プラスでは、1年に1回を限度に5回までがん治療給付金が支払われます。

2年に1回が限度だと、がんの再発や転移に十分に備えることができるとは言えません。

1年目にがんが発覚して、その次の年に転移・再発が発覚する可能性も十分にあります。

また、保障金額も1回目のがん治療給付金額と同じなのは嬉しいですね。

がんが2年連続で発覚したときにも、金銭面の心配をすることがなくなるのは大きな魅力です。

2.がん以外が原因で入院しても給付金が出る(メリット)

一般的にがん保険の入院給付金は、がんが原因で入院したときにだけ支払われます。

しかし、ガン診断プラスの入院支援給付金は違います。

なんとがんだけではなく、ほかのケガや病気で1泊2日以上の入院をしたときにも給付金が支払われるのです。

しかも、給付金額が減額されることなく1回5万円支払われるのは非常に嬉しいですね。

また入院支援給付金は90日間の待ち期間がなく、すぐに保障が開始されます。

がん以外の病気やけがで入院する可能性もあります。

がんはもちろん、ほかの病気やけがも保障する入院支援給付金はガン診断プラスならではのメリットです。

1.がん診断給付金がちょっと弱いかも(デメリット)

ガン診断プラスは、がん診断給付金に力を入れていますが、そのがん診断給付金がデメリットにもなります。

注目したいポイントは3つ。

まずは、2回目以降の給付金支払事由です。

2回目以降に診断給付金を受け取るためには、入院が条件となります。

しかし、通院治療が主体となってきている現代では、入院をせずにがん治療が行われる可能性も高くあります。

入院が条件となっていると、診断給付金が受け取れない可能性が大きくあるということです。

2つ目の注目ポイントが上皮内新生物の保障です。

上皮内新生物に対する診断給付金は1回しか支払われないうえに、給付金額が悪性新生物の10分の1となります。

3つ目のポイントが、治療給付金の支払限度回数です。

1年に1回を限度に支払われるという強みがありましたが、保障期間を通じて5回しか支払われません。

無制限に診断給付金を支払ってくれるがん保険がいくつもあることを考えると、5回という支払回数制限は大きなデメリットです。

2.保険料払い込み免除がない(デメリット)

いくつかのがん保険にある保険料払い込み免除保障とは、がんと診断された後は保険料の支払いが免除されるというものです。

この保険料払い込み免除保障が、ガン診断プラスにはありません。

多くのがん経験者が、がん診断後には収入が減少したと述べています。

少なくなった収入の中、貯金を崩して治療費用に充てたり、家計の足しにしたりする方が多いです。

毎月のがん保険料が診断後には大きな負担になることだってあります。

また終身保険なので、がん経験後も保険料は生涯支払い続けなければいけないということです。

保険料払い込み免除が特約にもないのは、残念としか言いようがありません。

楽天生命ガン診断プラスの評判

楽天生命ガン診断プラスの評判は悪くはありません。

シンプルな保障で非常にわかりやすいがん保険ですが、2回目以降の入院が条件となる診断給付金支払事由と上皮内新生物に対する保障の弱さで大きく評価を下げています。

各メディアが実施するがん保険ランキングにランクインすることは時々ありますが、上位にランクインすることはありません。

しかし保険料も安く、ある程度の保障を受けることもできる手軽さは大きな魅力です。

そのため、保険料を抑えたい人々からは良い評価がされることもあります。

楽天生命ガン診断プラスはおすすめできるがん保険なのか?

楽天生命ガン診断プラスは、悪い保険ではありません。

しかし、他のがん保険にも目を向けてみることをおすすめします。

診断給付金に力を入れてはいますが、診断給付金だけでがん治療にかかる費用をカバーできるかどうかというと微妙なところです。

また診断給付金額100万円だと保険料の安さが際立ちますが、200万円・300万円プランの場合だと保険料は高いです。

30歳男性で毎月3,000円まで保険料を支払うことができるという方は、ぜひ他のがん保険にも目を向けてみてください。

例えば、オリックス生命が販売するがん保険Believeもまた診断給付金に力を入れていて、保障はガン診断プラスより充実しています。

それでいて保険料はガン診断プラスよりも200円ほど高いだけ。

数百円保険料が値上がりするだけで、保障が充実したがん保険に加入することもできます。

楽天生命ガン診断プラスまとめ

楽天生命が販売するガン診断プラスは診断給付金に特化したシンプルでわかりやすいがん保険でした。

しかし、診断給付金の支払条件が大きなデメリットになることもありましたよね。

今回は様々なポイントを解説しましたが、ぜひ押さえていただきたいのは以下の5つです。

・がん治療給付金は1年に1回が限度
・入院支援給付金はがん以外の入院も保障
・先進医療特約は10年更新
・2回目以降のがん治療給付金支払条件に入院がある
・保険料払い込み免除がない

手ごろな保険料で、保障がより充実したがん保険はいくつかあります。

様々ながん保険を見て、あなたにピッタリのものを選んでください。




日本人の2人に1人はガンになると言われています。

高額療養費制度があると言っても、ガン治療には膨大な費用が必要です。

いざという時に、1度に100万円を超えるお金を支払える家庭は決して多くないのが現実。

また、大切な家族の為にも働けない間の収入も確保しなければなりません。

がん保険は絶対に必要ですし、安易にランキングや雑誌を見て選んでしまうのは非常に危険です。

ガン保険は安易に決めるのではなく、プロに総合的に設計を相談するのが1番です。

また、ガン保険は思い立ったが吉日。今すぐに検討を開始するべきなのは言うまでもありません。

実際に、後回しにした結果、ガンが発覚し加入することが出来なくなった人は非常に多いです。

保険は人生で2番目に高い買い物。

月々の支払いは少なくても、人生スパンで考えるとその支払額は数百万円にもなります。

失敗しない為にも、プロに総合的なライフプラン設計を相談することをおすすめします。

よく読まれている人気記事

がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒

-未分類

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.