がん保険ラボ|おすすめ人気ランキングとFPが教えるガン保険選び方

未分類

朝日生命スマイルセブン4つの特徴とFPによるシュミレーション

更新日:

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

朝日生命スマイルセブンの詳細とメリット・デメリット

朝日生命スマイルセブンは診断一時金に特化したがん保険です。

しかし、ただのがん保険ではありません。

なんと日本人の罹患率が高い7大疾病(しっぺい)にも備えることができるのです。

各メディアに高く評価されているスマイルセブン最大のメリットは、やはり7大疾病にも備えることができること。

他にも保障内容について2つのメリットがあります。

今回は人気の朝日生命スマイルセブンの詳細、3つのメリットと1つのデメリット、評判、そしておすすめできるがん保険かどうかまで解説します。

朝日生命スマイルセブンの詳細

朝日生命スマイルセブンは、主契約は一時金だけの非常にシンプルながん保険です。

スマイルセブンはがん保険の中でも非常にユニークな存在であり、なんとがんだけではなく、七大疾病まで保障してくれます。

一時診断金では最高500万円受け取ることができるのに、保険料はかなりお手ごろです。

充実した保障と手ごろな保険料が魅力的なため、高い評価を得ている人気のがん保険です。

朝日生命スマイルセブンはシンプルながん保険ですが、保障内容をしっかりと理解しておかなければいけません。

また加入の際には代理店もしくは金融機関の窓口で手続きを行う必要があります。

ここからは、ユニークながん保険である朝日生命スマイルセブンの保障の詳細、気になる保険料、加入・解約方法まで解説します。

朝日生命スマイルセブン1つの基本保障と3つのオプション

朝日生命スマイルセブンには1つの基本保障と3つのオプション特約があります。

以下が保障内容一覧です。

・7大疾病一時金(主契約)
・7大疾病初回一時金(オプション)
・保険料払込免除(オプション)
・先進医療給付金、先進医療見舞金(オプション)

特約の数も少なく、わかりやすいがん保険ですね。

保障の数が保障の充実さを決めるというわけではありません。

大事なのは保障内容です。

さっそく、朝日生命スマイルセブンの充実した保障内容を見ていきましょう。

7大疾病一時金

7大疾病とは、がん、急性心筋梗塞、脳卒中、糖尿病、高血圧性疾患、慢性腎不全、肝硬変のことです。

これらの病気は日本人にかかりやすく、治療期間が長くなれば、治療費用も高くなりがちです。

朝日生命スマイルセブンの主契約では、がんだけではなく、他の6大疾病もばっちり保障します。

支払事由と給付金額は以下の通りです。

・がん

がんと診断確定されたときに、一時金が支払われます。

悪性新生物はもちろん、上皮内新生物も保障されます。

・急性心筋梗塞、拡張型心筋症

急性心筋梗塞・拡張型心筋症の治療のため入院または手術をしたときに一時金が支払われます。

・脳卒中、脳動脈瘤

脳卒中・脳動脈瘤は以下の3パターンで一時金が支払われます。

1.脳卒中の治療のため入院または手術をしたとき
2.脳動脈瘤が生じ、それが破裂したと診断されたとき
3.脳動脈瘤が生じ、その治療のため手術したとき

・慢性腎不全

慢性腎不全を発病し、永続的な人工透析(じんこうとうせき)療法を開始したとき、もしくは腎移植手術を受けたとき

・肝硬変

肝硬変を発病し、食道静脈瘤が破裂したとき、もしくは食道静脈瘤治療のため手術をしたとき、もしくは肝移植手術を受けたときに一時金が支払われます。

・糖尿病

糖尿病を発病し、糖尿病性網膜症の治療のため手術をしたとき、糖尿病性壊疽治療のため切断術を受けたときに一時金が支払われます。

・高血圧性疾患

高血圧性疾患を発病し、大動脈瘤等が破裂したとき、もしくは大動脈瘤等の治療のため手術を受けたときに一時金が支払われます。

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

7大疾病一時金の支払回数は、2年に1回を限度に無制限です。

一時金は、7大疾病初回一時金と合わせて30~500万円の範囲内で10万円単位で設定することができます。

7大疾病初回一時金

7大疾病初回一時金特約を付帯すると、7大疾病一時金が支払われる事由となったときに初回一時金も支払われます。

支払回数は1回のみで、初回一時金額は7大疾病一時金と合わせて30~500万円までです。

つまり、7大疾病一時金額を400万円と設定すると7大疾病初回一時金額は最大で100万円までしか設定できないということです。

保険料払込免除特約

がんだけではなく、6大疾病病で所定の状態に該当したとき、その後の保険料の支払いが免除される特約です。

所定の状態とは、7大疾病一時金の支払事由のことです。

つまり、7大疾病一時金が支払われた後には保険料の支払いが免除されるということです。

保険料がなくなっても、保障が生涯続くのでありがたい特約です。

先進医療特約

先進医療とは最先端の技術を用いた治療のことです。

そんな先進医療は公的医療保険の対象とならないという特徴があります。

つまり、先進医療でかかった技術料は全額自己負担となるということです。

がん治療でかかる先進医療非費は莫大なものとなります。

例えば、重粒子線治療は約308万円もかかるのです。

負担が大きすぎる先進医療費を保障してくれるのが先進医療特約。

先進医療にかかった技術料と同額を保障してくれます。

限度額は1回450万円で、通算2,000万円までです。

また所定の先進医療による療養を受けたとき、先進医療見舞金が支払われます。

給付金額は、先進医療給付金額の10%相当です。

限度額は1回45万円までで、通算200万円です。

朝日生命スマイルセブンの保険料とプラン

朝日生命スマイルセブンはシンプルながん保険なので、加入時にあれもこれもと細かく決める必要はありません。

スマイルセブン加入時に決めることは主に2つ。

1つ目は一時金です。

一時金は30~500万円の範囲で10万円単位で自由に設定できます。

一時金額を高く設定すればそれだけ、保険料は高くなります。

2つ目に決めることが、特約を付帯するかどうかです。

スマイルセブンにある特約は、7大疾病初回一時金、保険料払込免除特約、先進医療保障の3つだけでした。

特約もまた、付帯すればするほど保険料が値上がるので注意です。

細かく見ると決めるべきことはまだまだありますが、大きな決定事項はこの2つだけです。

朝日生命スマイルセブンの保険料は非常にお手ごろ。

すべての特約を付帯しても、大きな負担になることはないでしょう。

また終身型がん保険なので、契約時から保険料が値上がりすることはありません。

30歳代の保険料は魅力的なので、早めに加入してがんに備える、保険料を安く抑えるのもいいですね。

朝日生命スマイルセブンの保険料と保障シュミレーション

お手ごろな保険料が魅力の1つである朝日生命スマイルセブンですが、具体的にどのくらいの保険料がかかってくるのでしょうか?

今回はシミュレーションをして保険料と保障内容を確認していきます。

以下が契約状況とシミュレーション結果です。

【契約状況】
・契約者:男性30歳
・7大疾病一時金:100万円
・7大疾病初回一時金:100万円
・先進医療特約:付帯
・保険料払い込み期間:終身

【シミュレーション結果】

プラン 保険料払込免除特約付帯 保険料払込免除特約付帯しない
毎月の保険料 3,483円 3,076円
7大疾病一時金 100万円 100万円
7大疾病初回一時金 100万円 100万円
先進医療特約 通算2,000万円 通算2,000万円
保険料払込免除特約 あり なし

このシミュレーションだと7大疾病と診断されると、初回200万円を受け取ることができますね。

それでいて、特約を全付帯しても、毎月の保険料が3,483円は非常にお手ごろですね。

朝日生命スマイルセブンの加入方法

朝日生命スマイルセブンはネットや郵送で加入することはできません。

スマイルセブンに加入するためには、スマイルセブンを取り扱っている金融機関や保険代理店、もしくは保険のプロであるFPを通す必要があります。

スマイルセブンを取り扱っている金融機関一覧は以下の通りです。

・西京銀行
・トマト銀行
・西日本シティ銀行
・名古屋銀行

保険代理店やFPはウェブで発見することができます。

各ウェブサイトを見て、朝日生命スマイルセブンを取り扱っているかどうか確認しましょう。

そして保険相談の予約を行い、保障内容に納得したら契約手続きを行います。

加入の際には健康状態や職業などの告知義務があります。

虚偽の告知を行うと、契約や保障の解除につながったり、給付金が支払われなかったりします。

告知は義務ですので、正確に行うことを心がけましょう。

朝日生命スマイルセブンの解約方法

朝日生命スマイルセブンを解約するためには、朝日生命のサービスセンター(コールセンター)に連絡をしましょう。

そこで解約の旨を告げると、解約手続きの流れを説明してもらえるはずです。

スマイルセブンに終身で加入すると、解約返戻金はありません。

しかし、短期払いの場合は解約返戻金を受け取れる可能性があります。

以下がスマイルセブンの保険料払い込み期間一覧です。

・60歳払い
・65歳払い
・70歳払い
・75歳払い
・80歳払い
・終身

保険料の払い込みが終了した後に、解約を行うと解約返戻金を受け取ることができます。

解約返戻金額は、7大疾病一時金の10%です。

特約に対する解約返戻金はありません。

加入前に知りたい朝日生命スマイルセブン3つのメリットと1つのデメリット

優れたがん保険である朝日生命スマイルセブンに加入するメリットは、主に3つあります。

それが7大疾病に備えることができること、保険料払込免除の条件、そして先進医療見舞金の存在です。

はっきり言うと、朝日生命スマイルセブンにはデメリットらしいデメリットが見当たりません。

しかし、あえて挙げるならば1つだけ知っておきたいデメリットがあります。

ここからは、スマイルセブン3つのメリットと1つのデメリットについて解説します。

1.7大疾病病を保障してくれる(メリット)

スマイルセブン最大のメリットは、がん保険であるにもかかわらず、がんを含む7大疾病病を保障してくれることです。

日本人の2人に1人ががんに罹患するといわれていますが、私たちが気を付けるべき病気はそれだけではありません。

日本人の罹患率が非常に高い病気7大疾病にも気を付けるべきなのです。

以下が7大疾病について知っておきたいポイントです。

・がん、心疾患、脳血管疾患は入院が長期化する
・糖尿病が疑われる人は全年齢で24.5%もいる
・脳卒中による平均入院日数は31.9日
・入院患者の3人に1人は7大疾病病

スマイルセブンは他のがん保険とは違い、7大疾病病を保障し、さらに上皮内新生物も保障します。

この保障の幅広さはスマイルセブン最大の魅力と言えます。

通院保障や入院保障、抗がん剤治療保障などはありませんが、充実した一時金と高額療養費制度などを使用すれば十分でしょう。

また入院・通院を問わずに7大疾病と診断されたときに、一時金が支払われるのも嬉しいですね。

通院治療が主流となってきている今、入院をせずに通院治療を行う可能性はあります。

入院をしなくても、給付金が支払われるのは頼もしいです。

2.先進医療見舞金がある(メリット)

スマイルセブンは特約も素晴らしいです。

先進医療でかかるのは技術料だけだと思っている方は多いですが、実は交通費や宿泊費もかかります。

先進医療は特定の医療機関でしか行われていません。

そのため、必要となる先進医療を受けるために遠方まで向かわなければいけない可能性もあります。

遠方まで出向いたときにかかる交通費や宿泊費は意外と負担になります。

スマイルセブンの先進医療保障では、交通費や宿泊費なども保障できるように先進医療見舞金も支払われます。

例えば、重粒子線治療を受けて308万円の技術料がかかったとすると、技術料の10%である30万8千円が見舞金として支払われるということです。

もう1つ注目したいのは、対象となる先進医療です。

多くのがん保険は、がん治療を目的とした先進医療だけを保障の対象としていますが、スマイルセブンはがん治療以外の先進医療も保障してくれます。

がん治療以外の先進医療も保障、見舞金も支払われる、これほどまでに充実した先進医療保障はないでしょう。

3.保険料払込免除保障対象の幅広さ(メリット)

一般的ながん保険だと、保険料払込免除特約の対象となるのはがん(特に悪性新生物)と診断されたときだけです。

スマイルセブンの保険料払込免除は悪性新生物だけではなく、6大疾病病と診断されたときも保障の対象となります。

保険料払込免除保障の対象の幅広さには驚くばかりです。

1.会社の評価がイマイチ(デメリット)

朝日生命はどちらかというと知名度がない保険会社です。

生命保険会社も倒産の可能性があります。

格付投資情報センターという機関が、各生命保険会社の保険金支払い能力を格付けしています。

朝日生命の評価はBB。

この評価は悪くはありませんが、良くもない平均的な評価です。

倒産する可能性は非常に低いですが、100%安全な生命保険会社と言うこともできません。

会社自体の評価が平凡なのが唯一のデメリットともいえます。

朝日生命スマイルセブンの評判

朝日生命スマイルセブンの評判は素晴らしいです。

診断一時金を重視したがん保険であるにもかかわらず、7大疾にも備えることができるユニークな点が高く評価されている理由です。

朝日生命スマイルセブンの保障内容はとにかく素晴らしいです。

各メディアが実施するがん保険ランキングでも、たびたび上位にランクインしています。

手ごろな保険料で、充実した保障を得ることができるがん保険として、50歳代以降はもちろん30歳~40歳代の働き盛りにも人気のがん保険です。

朝日生命スマイルセブンはおすすめできるがん保険なのか?

朝日生命スマイルセブンは、強くおすすめできるがん保険です。

保障内容の充実性は数あるがん保険の中でもトップクラスです。

それでいて、保険料が手ごろでしたよね。

充実した保障と手ごろな保険料を実現したがん保険は少ないです。

また診断一時金にも力を入れているのは良いですね。

診断時にまとまったお金を受け取ることができるので、抗がん剤治療、手術、入院など様々な治療に対応することができます。

何より、7大疾病に備えることができるのが強くおすすめできる点です。

スマイルセブンは素晴らしいがん保険ですが、必ずしもあなたに合っているがん保険とは限りません。

様々ながん保険を比較してみて、あなたのニーズに合ったものを選ぶようにしましょう。

朝日生命スマイルセブンまとめ

朝日生命スマイルセブンは、診断一時金重視のがん保険です。

がんだけではなく、7大疾病と診断されたときには最大で500万円の給付金を受け取ることができましたね。

今回は朝日生命スマイルセブンについて解説しましたが、ぜひ覚えていてほしいポイントは以下の4つです。

・7大疾病に備えることができる
・7大疾病と診断されると最大で500万円の一時金を受け取ることができる
・7大疾病で保険料の払い込みが免除になる
・先進医療保障では見舞金もある

トップクラスに優れたがん保険ではありますが、まずは他のがん保険にも目を向けてみてください。

あなたにピッタリのがん保険は、他にあるかもしれません。




日本人の2人に1人はガンになると言われています。

高額療養費制度があると言っても、ガン治療には膨大な費用が必要です。

いざという時に、1度に100万円を超えるお金を支払える家庭は決して多くないのが現実。

また、大切な家族の為にも働けない間の収入も確保しなければなりません。

がん保険は絶対に必要ですし、安易にランキングや雑誌を見て選んでしまうのは非常に危険です。

ガン保険は安易に決めるのではなく、プロに総合的に設計を相談するのが1番です。

また、ガン保険は思い立ったが吉日。今すぐに検討を開始するべきなのは言うまでもありません。

実際に、後回しにした結果、ガンが発覚し加入することが出来なくなった人は非常に多いです。

保険は人生で2番目に高い買い物。

月々の支払いは少なくても、人生スパンで考えるとその支払額は数百万円にもなります。

失敗しない為にも、プロに総合的なライフプラン設計を相談することをおすすめします。

よく読まれている人気記事

がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒

-未分類

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.