がん保険ラボ|おすすめ人気ランキングとFPが教えるガン保険選び方

未分類

がん保険の選び方~保険のプロが教える損をしない5つの選び方

更新日:

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

 

「がん保険に加入していても、肝心な時に給付金が受け取れなかった」

これはよく聞く話です。

実はがん保険の保障内容をしっかり確認しておかないと、あとで大きく後悔することになります。

今回はがん保険選びで損をしない5つの選び方を紹介します。

また、現在主流のがん治療と3つのがん保険の種類についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

がん治療の変化とがん保険の主な保障内容

がん治療が入院治療から通院治療へと変化していることをご存じでしょうか?

以前は、長期にわたって行われる入院治療が主体でした。

しかし、技術の発展とともにがん治療入院日数は減少しています。

代わりに増加しているのが、通院治療日数。

通いながら、がん治療できる時代になってきたということです。

治療内容が変わってきたら、がん保険の保障内容も変化します。

現在販売されているがん保険の主な保障内容は以下の通りです。

・診断一時金
・入院給付金
・通院給付金
・手術給付金
・先進医療特約

この中で特に注目したいのが、診断一時金です。

診断一時金は、がんと確定診断された時点で支払われるまとまった給付金のこと。

言い換えれば、診断一時金は自由に使えるお金です。

診断一時金を受け取ることで、その後の治療費に備えることもできれば、治療中に減少する収入を補うこともできる、もしくは通院治療の交通費や宿泊費に充てることもできるというわけです。

現代がん保険3つのタイプ

がん保険と言っても種類はさまざまあります。

現代販売されているがん保険は、主に以下の3種類に分類できます。

・診断一時金特化型
・診断一時金+入院給付金特化型
・治療費特化型

診断一時金特化型は、その名の通り診断一時金重視したがん保険です。

主契約には診断一時金だけが付帯されていて、残りの保障は特約として付帯することができるシンプルながん保険です。

治療費特化型がん保険は、実際にがん治療が行われると給付金が支払われるがん保険です。

がん治療は放射線治療・抗がん剤治療・ホルモン剤治療・手術など多岐にわたります。

それぞれの治療が実際に始まったら、給付金が受け取れる合理的ながん保険ですね。

人気のあるがん保険タイプは、診断一時金特化型もしくは治療費特化型です。

個人の考えにもよりますが、診断一時金で入院治療費と通院治療費に備えることができれば、あえて入院保障を付帯する必要もないと考える人が多いです。

重要なのは、あなたがどのような保障を望むのかということです。

参考までに、多くの専門家やメディアが診断一時金特化型と治療費特化型のがん保険を高く評価しているということを知っておくと、がん保険選びの助けになりますね。

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

損をしないがん保険を選ぶ5つのポイント

現在のがん治療と販売されているがん保険の基本種類が分かれば、あとは選ぶだけです。

しかし、がん保険を選ぶのはとても難しい。

がん保険選びで検討しなければいけないポイントはたくさんありますが、これだけ押さえておけば損をする可能性はぐっと低くなるポイントが5つあります。

ここからは、その5つのポイントを解説します。

1.定期型?それとも終身型?

がん保険に限りませんが、保険には定期型と終身型があります。

終身がん保険や定期医療保険など聞いたことがありませんか?

がん保険選びをする際には、まず終身型と定期型どちらに加入するのか決めなければいけません。

終身型がん保険は、一生涯保障が続くがん保険のことです。

終身型がん保険の特徴は以下の通り。

・保障が一生涯続く
・契約時から保険料は変わらない
・簡単に他のがん保険に乗り換えできない

終身型がん保険は契約時から保険料が一切変わりません。

つまり、30歳で終身型がん保険に加入すると、保険料はずっと加入時の割安な保険料のままということですね。

定期型がん保険は、保障が一定期間だけしか続かないものです。

10年ごとに契約更新するのが一般的です。

定期型がん保険の特徴は以下の通り。

・保障は一定期間だけ続く
・保険料は割安だが、契約のたびに値上がりする
・比較的簡単に乗り換えできる
・特約が制限される場合も

定期型がん保険最大の特徴は、保険料が終身型より安いということ。

同じ30歳という年齢で加入したとすると、終身型よりも定期型の方が圧倒的に保険料は安くなります。

しかし、定期型は契約更新ごとに保険料が高くなることに要注意。

終身保険は一生涯30歳の時に加入した保険料ですが、定期型は40歳のときには40歳の保険料、50歳のときには50歳のときの保険料と高くなるのです。

つまり、長い目で見ると終身保険の方がお得となる可能性が高くあります。

また定期型がん保険は契約更新しなければ、ほかのがん保険に乗り換えることもできます。

がん治療の変化とともに、がん保険の保障内容も少しずつ変化しています。

10年後、20年後のがん保険が、現代のものと同じとは限りません。

定期型がん保険だと、契約更新時期のたびに、ほかのがん保険と見比べてその時に合った必要な保障を得ることができます。

最終的には、あなたのニーズに合った方を選ぶようにしましょう。

参考までに述べると、現在人気のがん保険のほとんどが終身型です。

治療型のがん保険や一時金重視型のがん保険だと、がん治療がこれから変わっても、柔軟に対応できるでしょう。

2.一時診断金支払条件に注意

がん保険では給付金支払事例に注意しないといけませんが、特にしっかりと確認しておきたいのが一時診断金支払事由です。

がん保険によっては、がんと診断確定されたのに一時診断金が受け取れないということもあります。

いったい、どうして診断一時金を受け取れないのでしょうか?

診断一時金の支払事由は、主に以下の3つに分けることができます。

・初めて悪性新生物と診断されたとき
・初めてがん(悪性新生物と上皮内新生物)と診断されたとき
・前回のがん診断一時期支払い該当した日からその日を含めて2年を経過したその日の翌日以降に、がん治療を目的として入院したとき

支払事由だけ見ると少し複雑で難しいですよね。分かりやすく説明すると、ポイントは2点あります。

・一時診断金は上皮内新生物でも支払われるのかどうか
・2回目以降の一時診断金給付条件

この2点はしっかりと確認してください。

上皮内新生物とは、早い段階で見つけることができたがんのことです。

再発・転移の可能性がほとんどなく、手術だけで完治できるがんのことを指します。

多くのがん保険では上皮内新生物と診断されても、診断一時金が支払われない、もしくは悪性新生物と診断された場合の50%だけが支払われます。

つまり、悪性新生物と同額保障されることは少ないということですね。

上皮内新生物は治療期間が短く、治療費用も比較的かかりません。

そのため、保障が手薄くなるのも納得できますが、上皮内新生物も悪性新生物と同額保障してくれるがん保険もあります。

もし診断一時金型のがん保険に加入するのなら、最低でも上皮内新生物も保障してくれるものを選びましょう。

上皮内新生物に対する保障よりも、重視したいのが2回目以降の支払条件です。

がんには再発・転移がつきもので、2回目以降も診断一時金が必要となる可能性が高いです。

2回目以降も診断確定時に給付金が支払われるのなら、問題はありません。

注意したいのは、2回目以降の支払事由に入院が条件となっているものです。

通院治療が主体となってきているので、これから入院を一切せずにがん治療が行われる可能性が十分にあります。

そのときに、入院が一時金支払い条件になっていると、一時金が受け取れません。

つまり、十分な治療費を準備できないまま治療に臨むということです。

上皮内新生物に対する保障は、さほど大きな問題ではありません。

しかし、2回目以降の支払事由は非常に重要です。

特に診断一時金特化型を選ぶのならば、入院が条件となっているものは避けるべきです。

入院が条件となっていないもの、もしくは入院・通院治療が条件となっているものを選ぶといいでしょう。

3.通院治療に対応できるかどうかに注目

平成11年にはがん治療平均入院日数は27.2日でした。

入院日数は年々減少していき、平成26年には16.8日になっています。

これからも入院日数が減少することは十分に予想でき、がん保険も通院治療に対応できるものを選ぶことが大切です。

通院治療に対応するためには、通院保障がついたがん保険を選ぶべきと考えがちですが、実はそうでもありません。

例えば、200~300万円のまとまった診断一時金で通院治療費や交通費に対応することができますよね。

また放射線治療・抗がん剤治療・ホルモン剤治療などの、通院しながら行われる治療を受けたときに給付金が支払われるがん保険に加入してもいいですね。

これからのがん保険は、確実に通院治療に対応できるものに加入しなければいけません。

給付金も支払回数に制限があるものではなく、無制限に支払われるものを選ぶことで、がん治療が長期に及んでも経済面では安心ですね。

4.先進医療特約は付帯するのがおすすめ

先進医療とは、将来的に認可される可能性がある最先端の技術を用いた医療のことです。

最新の医療ですが、健康保険制度の適用対象とはならないので、かかる費用は全額自己負担となります。

がん治療における先進医療は非常に高額となります。

例えば、重粒子線治療は約308万円、陽子線治療は約268万円という技術料が自己負担となってのしかかってきます。

そんな先進医療費用ですが、先進医療特約を付帯することで技術料と同額保障してもらえます。

ほとんどの先進医療特約では、通算2,000万円までなら同額保障してくれます。

さらに数は少ないですが、療養金も支払われるがん保険もあります。

先進医療は特定の医療施設でしか行われないので、交通費や宿泊費がかかることもあります。

療養金はそういった技術料以外を保障してくれるので、嬉しい給付金ですね。

先進医療特約は付帯することで、保険料が少し上がります。

しかし、特約を付帯しても数十円~数百円しか高くなりません。

先進医療を受ける可能性は少ないですが、ベストな治療となる可能性もあります。

そんな時に後悔しないためにも、先進医療特約は付帯しておくといいかもしれません。

5.特約が豊富なのは大きな魅力

特約を付帯するのかどうかは別として、付帯できる特約がたくさんあるがん保険は魅力的です。

特約の数はカスタマイズ性の高さにつながるでしょう。

人によって、がん保険に求める保障は変わるはずです。

「放射線治療や抗がん剤治療に備えたいけど、入院給付金はいらない」という方、「診断一時金と入院保障、あとは先進医療特約だけでいい」という方など、本当に求める保障は個人によってさまざまです。

あなたの求めるがん保険作りをするためには、自由にカスタマイズできるがん保険を選ぶといいかもしれません。

カスタマイズ性のあるがん保険は、主契約こそシンプルですが、豊富な特約を用意しています。

付帯できる特約が多いということは、それだけ選択肢が豊富にあるということです。

選択肢は多ければ多いほどいいですよね。

あなたが求めるがん保険を作るためにも、付帯できる特約の数が多いがん保険を選ぶといいかもしれません。

もちろん特約の数が少なくても、優れたがん保険はあります。

例えば、朝日生命のスマイルセブン。

主契約は1つ、特約は3つだけという非常にシンプルながん保険ですが、7大疾病(しっぺい)をサポートする保障内容は素晴らしいです。

特約の数はあくまでも選択肢の数と捉えるといいでしょう。

幅広い視野で、さまざまながん保険を見ていくことが何よりも大切です。

まとめ

がん保険選びをする前に知っておかなければいけないことは、がん治療は入院から通院治療へと徐々にシフトチェンジしているということ。

そのことを頭に入れて、今回紹介した5つのポイントを押さえつつ、がん保険選びをしてみてください。

それだけで、損をする確率は大きく下がるでしょう。

さらに、確実にがん保険選びを成功させたい方は保険のプロであるFPに無料相談してみるのもいいかもしれませんね。




日本人の2人に1人はガンになると言われています。

高額療養費制度があると言っても、ガン治療には膨大な費用が必要です。

いざという時に、1度に100万円を超えるお金を支払える家庭は決して多くないのが現実。

また、大切な家族の為にも働けない間の収入も確保しなければなりません。

がん保険は絶対に必要ですし、安易にランキングや雑誌を見て選んでしまうのは非常に危険です。

ガン保険は安易に決めるのではなく、プロに総合的に設計を相談するのが1番です。

また、ガン保険は思い立ったが吉日。今すぐに検討を開始するべきなのは言うまでもありません。

実際に、後回しにした結果、ガンが発覚し加入することが出来なくなった人は非常に多いです。

保険は人生で2番目に高い買い物。

月々の支払いは少なくても、人生スパンで考えるとその支払額は数百万円にもなります。

失敗しない為にも、プロに総合的なライフプラン設計を相談することをおすすめします。

よく読まれている人気記事

がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒

-未分類

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.