がん保険ラボ|おすすめ人気ランキングとFPが教えるガン保険選び方

未分類

チューリッヒ生命終身ガン治療保険プレミアム3つの特徴をFPが徹底評価!

更新日:

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

チューリッヒ生命終身ガン治療保険プレミアムの詳細とメリット・デメリット

チューリッヒ生命が販売する終身ガン治療保険プレミアムは、現在最も人気のあるがん保険の一つ。

長引きがちながんの保障を何度もしっかりと保障してくれるという特徴があります。

そんな終身ガン治療保険プレミアムのメリットは、現在のがん治療にマッチした保障とお得すぎる保険料の2つ。

2つのメリットに対して、診断給付金支払条件と自由診療に関するデメリットもあります。

今回は大人気のチューリッヒ生命終身ガン治療保険プレミアムの詳細、2つのメリットとデメリット、評判、そしておすすめできるがん保険なのかどうかまで解説します。

チューリッヒ生命終身ガン治療保険プレミアムの詳細

現在販売されているがん保険は数数多くありますが、トップクラスの人気と評価を得ているがん保険がチューリッヒ生命終身治療ガン保険プレミアムです。

価格.comが行う保険アワード2017がん保険の部で、なんと第一位に輝いています。

その他のメディアが行うがん保険ランキングでも上位にランクインする高い評価を得ているがん保険です。

人気の秘密は充実した保障内容とお手ごろな保険料です。

チューリッヒ生命終身治療ガン保険プレミアムは、がん治療にかかる費用を回数無制限で保障してくれるのが特徴です。

終身治療ガン保険プレミアムは、特に症状が進んだがんにこそ真価を発揮します。

主契約に加えて、必要なオプション保障を付帯することで、あなたのニーズにピッタリのがん保険を作ることができます。

ここからは、チューリッヒ生命終身治療ガン保険プレミアムの保障内容、保険料、加入・解約方法を解説します。

終身ガン治療保険プレミアム2つの基本保障と8つのオプション

終身治療ガン保険プレミアムには初めから主契約に含まれる2つの基本保障と8つのオプション保障があります。

8つのオプションという幅広い選択肢から、必要なものを選んでカスタマイズできるのは大きな魅力です。

ここからは終身治療ガン保険プレミアムの全ての保障を解説します。

支払事由や給付金額などを理解して、必要な保障を選ぶことができるようになりましょう。

放射線治療給付金(主契約)

がん治療を目的に所定の放射線治療を受けたときに給付金が月ごとに支払われます。

給付金額は10~60万円の間で5万円単位で設定することができ、支払回数は無制限です。

抗がん剤・ホルモン剤治療給付金(主契約)

がん治療を目的に入院もしくは通院をして、公的医療保険の対象となる所定の抗がん剤治療・ホルモン剤治療を受けたときに給付金が支払われます。

給付金の支払いは月ごとに行われ、10~60万円から5万円単位で給付金額を設定することができます。

支払回数は無制限なので、長期間の治療にも対応することができます。

悪性新生物保険料払い込み免除(特約)

初めて悪性新生物がんと診断確定されたとき、その後の保険料の支払いが免除になる特約です。

他の保障では上皮内新生物でも対象となっていますが、この特約だけは悪性新生物のみが対象になっていることに注意してください。

がん先進医療給付金(特約)

先進医療とは、公的医療保険の対象とならない最新技術を用いた治療のことです。

がん治療に関する先進医療は300万円を超えることもあります。

莫大な技術費用がかかる先進医療に備えることができるのが、がん先進医療特約です。

がん治療を目的に、所定の先進医療を受けると給付金が支払われます。

給付金額は技術料と同額で、通算2,000万円まで給付金は支払われます。

またがん先進医療給付金が市は支払われる療養を受けたとき、15万円のがん先進医療支援給付金が支払われます。

がん診断特約(特約)

がん診断特約とは、がん診断給付金特約のことです。

がん診断されたときに給付金が支払われる、多くのがん保険に付帯されている保障です。

給付金額は50~100万円の間を50万円単位で設定することができます。

支払回数は2年に1回を限度に無制限。

2回目以降は入院することが支払条件になることにも、要注意してください。

がん通院特約(特約)

がん治療を目的とした入院の前後に、一定期間にがん治療を目的とした通院をしたときに支払われる給付金です。

詳しい支払事由は以下の通りです。

よく読まれている人気記事
がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒
スポンサードリンク

・入院日の前日からその日を含めてさかのぼって60日以内の期間の通院
・退院日の翌日からその日を含めて365日以内の期間の通院【退院後通院期間あたり120日まで)

支払給付金額は5,000円~3万円の間で1,000円単位で設定することができます。

がん入院特約(特約)

がん治療を目的とした入院をしたときに給付金が支払われる特約です。

給付金額は5,000円~3万円の間で5,000円単位で設定することができ、支払回数は無制限です。

がん手術特約(特約)

がん治療を目的として所定の手術を受けたときに給付金が支払われます。

給付金額は10万円から60万円の間を5万円単位で設定することができ、支払回数は無制限です(一連の手術の場合は1回のみの支払い)。

がん緩和療養特約(特約)

がん治療を目的に所定の入院もしくは通院をして、公的医療保険の対象となる所定のがん性疼痛緩和(とうつうかんわ)の治療を受けたときに支払われます。

給付金額は10万円から60万円の間で5万円単位で設定することができ、通算12か月が限度です。

【がん性疼痛】

がん性疼痛とは、がんがもたらす痛みのことです。

痛みは身体的ものと不安や抑うつなどの心的なものがあります。

がん性疼痛は、放っておくと日常生活に支障をきたす可能性が高くあります。

がん診断後ストレス性疾病特約(特約)

がんと診断確定された後5年以内に、所定のストレス性疾病(しっぺい)と診断されたときに給付金が支払われる特約です。

給付金額は5万円か10万円で、支払回数は保障期間を通じて1回のみです。

終身ガン治療保険プレミアムの保険料とプラン

終身ガン治療保険プレミアムのプランは主に3つあります。

がん治療を重視したプラン、がんにかかる費用を総合的に保障してくれるプラン、そして完全オリジナルに設計する自由プランです。

全て自分で設計するのは難しいという方は、すでに作られた2つのプランに加入する、もしくは2つのプランをベースに特約を付け外しするといいですね。

以下が各プランの詳細です。

プラン名 がん治療重視プラン がん総合保障プラン 自由設計プラン
治療費(放射線治療・抗がん剤治療・ホルモン剤治療) 1か月につき20万円 1か月につき20万円 1か月につき10~60万円選択可能
手術費 1回10万円 10~60万円から選択可能
入院費 日額5,000円 5,000~3万円から選択可能
通院費 日額5,000円 日額5,000円 5,000円~3万円から選択可能
先進医療 通算2,000万円+一括で15万円 通算2,000万円+一括で15万円 付加する・しない
診断一時金 一括で50万円 一括で50万円 一括で50万円か100万円
保険料払い込み免除 付加 付加 付加する・しない

終身治療ガン保険プレミアムの保険料は非常にお手ごろです。

トップクラスの安さというわけではありませんが、これだけの保障がついていることを考えると魅力的な保険料です。

終身ガン治療保険プレミアムの保険料と保障シュミレーション

終身ガン治療保険プレミアムの具体的な保険料をプラン別に見ていきましょう。

保険料は契約者年齢、性別、特約の数、給付金額など様々な要因が合わさって決定されます。

そのため、今回ご紹介するシミュレーションは参考程度にしておいてください。

チューリッヒ生命のウェブサイトでは、年齢と性別を入力するだけで簡単に保険料のシミュレーションを行うことができます。

加入前には必ずシミュレーションをして保険料を確認しましょう。

以下がシミュレーション条件と結果です。

【契約状況】
・契約者:男性30歳
・保険料払い込み期間:終身
・主契約給付金額:月額20万円

【シミュレーション結果】
・がん治療重視プラン:毎月の保険料2,557円
・がん総合保障プラン:毎月の保険料3,222円

終身ガン治療保険プレミアムの保険料払い込み方法は以下の2つがあります。

・月払い
・年払い

保険料を抑えるのならば、月払いよりも年払いを選びましょう。

保険には、保険料をまとめて払った方がお得になるという特徴があります。

終身ガン治療保険プレミアムの加入方法

チューリッヒ生命終身ガン治療保険プレミアムの加入方法は、インターネットまたは郵送での申し込みになります。

申し込み方法が異なることで、保険料が変わったり、保障内容が変わったりすることはありません。

好みの方法で加入するようにしましょう。

以下が各加入方法での契約までの流れです。

【インターネット】
1.ネットで申込
2.必要書類の送付
3.引受審査
4.契約成立

インターネットでの加入をした場合は、保障開始時期が申し込み完了時期までさかのぼります。

これがインターネットならではの特典ともいえます。

【郵送】
1.ウェブで資料請求
2.必要書類の送付
3.必要書類の提出
4.引受審査
5.契約成立

インターネットでの申し込みの場合、保障開始時期が申し込み完了時期までさかのぼりました。

しかし郵送の場合には、契約成立した後に保障時期が開始されます。

契約の際には健康状態などの告知を行う必要があります。

ありのままに告知をしないと、給付金が支払われなかったり、契約・特約が解除になったりします。

終身ガン治療保険プレミアムの解約方法

終身ガン治療保険プレミアムを解約する場合には、保険契約解除請求書に必要事項を記入して、送付しなければいけません。

保険契約解除請求書はカスタマーケアセンターに問い合わせることで送ってもらえます。

保険料払い込み期間中に解約すると、解約返戻金を受け取ることができません。

終身ガン治療保険プレミアムの保険料払い込み期間は以下の通りです。

・55歳払い済み
・60歳払い済み
・65歳払い済み
・70歳払い済み
・終身払い

終身払い以外の保険料払い込み期間を選び、かつ保険料払い込み終了後に解約することで、主契約の給付金月額と同額の解約返戻金を受け取ることができます。

加入前に知りたいチューリッヒ生命終身ガン治療保険プレミアム2つのメリットとデメリット

名実ともにトップクラスのチューリッヒ生命終身ガン治療保険プレミアムですが、いったいどの点が他のがん保険よりも優れているのでしょうか?

終身ガン治療保険プレミアムは現代の通院治療にばっちり対応した保険で、保険料が非常に安いです。

この2つのメリットに対して、診断給付金の支払事由と自由診療に関するデメリットが2つだけあります。

ここからは、終身ガン治療保険プレミアムの2つのメリットとデメリットについて解説します。

1.通院治療に対応した保障と豊富な特約(メリット)

現在は通院治療ががん治療の主流となってきています。

通院治療では集学的療法が中心となって行われます。

集学的療法とは、放射線治療と抗がん剤治療などを効果的に組み合わせた治療法のことです。

年々がん治療を目的とした入院日数は減少して、代わりに通院治療が増加しています。

終身ガン治療保険プレミアムでは、主契約に放射線治療・抗がん剤治療・ホルモン剤治療を回数無制限に保障していますよね。

つまり、これからも増加することが予想される通院治療にしっかりと対応しているがん保険と言うことです。

また、付帯できる特約の数とその保障内容も充実しています。

がん診断給付金もあれば、入院・手術給付金ももちろんあります。

保険料払い込み免除特約以外は上皮内新生物でも同じ保障をしてくれるのも魅力的です。

保障内容に関しては素晴らしいの一言しかありません。

加入しておくと、頼もしさを感じることができるがん保険でしょう。

2.アンバランスな保険料の安さ(メリット)

保障が充実したがん保険はいくつかあります。

しかし、終身ガン治療保険プレミアムのように保障が充実していて保険料が安いがん保険はほとんどありません。

終身ガン治療保険プレミアムの保障内容の充実性と保険料の安さのアンバランス感は大きな魅力です。

先ほど見たシチュエーションでも、30歳男性でいくつか特約を付帯して毎月の保険料が2,557円、すべての特約を付帯しても3,222円にしかなりませんでした。

この手ごろな保険料は働き盛りの30~40歳代には嬉しいはずです。

家計、子育て、ローンなどの支払いがある中、がん保険に加入する余裕もないという方は多いです。

最低限の保障だけがついた格安のがん保険に加入していても、がんと診断されたときに十分な保障を得ることができないかもしれません。

余裕がない方でも、毎月2,000~3,000円なら無理なく払えるという方も多いのではないでしょうか。

どの年代でも、手ごろな保険料で充実した保障を得ることができるのは大きなメリットです。

1.2回目以降のがん診断給付金支払条件(デメリット)

終身ガン治療保険プレミアムにはがん診断給付金特約もあり、支払回数も2年に1回を限度に無制限です。

しかし、欲を言えば2回目以降の給付金支払条件を変えてほしかったです。

2回目以降は、がん治療を目的とした入院が給付金支払条件となります。

がんが再発もしくは転移した際には入院を行わずに、すぐに通院治療に取り掛かる可能性もあります。

そんな時に、診断給付金を受け取ることができないのは残念です。

2.自由診療は保障外

終身ガン治療保険プレミアムの保障のほとんどは、公的医療保険の対象となったものだけが対象です。

つまり、自由診療は保障対象になっていません。

がん治療に関する研究は世界中で行われ、新たな抗がん剤や薬が開発されています。

新たな治療・薬は公的医療保険の対象となるまでに時間がかかるので、終身ガン治療保険プレミアムに加入していても全額自己負担となるのです。

自由診療まで保障されていたら、言うことなしのがん保険でした。

チューリッヒ生命終身治療ガン保険プレミアムの評判

チューリッヒ生命終身ガン治療保険プレミアムの評判は、素晴らしいです。

価格.comをはじめとする各メディアが実施するがん保険ランキングで1位に輝くことも多く、保険の専門家がおすすめするがん保険と言えるでしょう。

働きながら治療を行うことができる通院治療ですが、治療期間は長くなります。

終身ガン治療保険プレミアムに加入しておけば、どんなに通院治療期間が長引いても、費用の心配をすることがなくなるでしょう。

現代のがん治療にばっちり対応し、保険料がかなり手ごろな点が大きく評価されている理由です。

チューリッヒ生命終身治療ガン保険プレミアムはおすすめできるがん保険なのか?

チューリッヒ生命終身ガン治療保険プレミアムは、強くおすすめできるがん保険です。

主契約はなかなかユニークではありますが、通院治療中心の現在のがん治療には合っています。

また特約を自由に付帯することで、どんなニーズにも合うがん保険を作ることができるのも魅力的です。

例えば、30歳男性が主契約給付月額20万円で特約なしで加入すると保険料は1,360円になります。

すべての特約を付帯しても3,000円を少し超えるばかり。

保険料を抑えたい方は特約の数を少なくする、もしくは主契約給付金額をh久米に設定しましょう。

保障を充実させたい方は、特約をどんどん付帯するといいでしょう。

カスタマイズをするのが難しそうと思う方は、保険のプロであるFPに自宅まで来てもらって、無料の保険相談を行ってみるのもいいかもしれませんね。

終身ガン治療保険プレミアムは素晴らしいがん保険なので、ぜひ一度じっくりと検討してみてください。

チューリッヒ生命終身ガン治療保険プレミアムまとめ

各メディアが実施するがん保険ランキングで1位に輝くこともある終身ガン治療保険プレミアム。

人気の理由はちゃんとありましたよね。

今回は終身ガン治療保険プレミアムについて数多く解説してきましたが、ぜひ覚えていただきたいポイントは以下の4つ。

・主契約は通院治療にしっかりと対応している
・豊富な特約を自由にカスタマイズしてオリジナルのがん保険作りをできる
・保険料はかなりお手ごろ
・自由診療は保障の対象となっていない

終身ガン治療保険プレミアムは、あなたのニーズにマッチする可能性が高いです。

おすすめできるがん保険なので、ぜひ一度あなたのニーズと保障内容を照らし合わせてみてください。




日本人の2人に1人はガンになると言われています。

高額療養費制度があると言っても、ガン治療には膨大な費用が必要です。

いざという時に、1度に100万円を超えるお金を支払える家庭は決して多くないのが現実。

また、大切な家族の為にも働けない間の収入も確保しなければなりません。

がん保険は絶対に必要ですし、安易にランキングや雑誌を見て選んでしまうのは非常に危険です。

ガン保険は安易に決めるのではなく、プロに総合的に設計を相談するのが1番です。

また、ガン保険は思い立ったが吉日。今すぐに検討を開始するべきなのは言うまでもありません。

実際に、後回しにした結果、ガンが発覚し加入することが出来なくなった人は非常に多いです。

保険は人生で2番目に高い買い物。

月々の支払いは少なくても、人生スパンで考えるとその支払額は数百万円にもなります。

失敗しない為にも、プロに総合的なライフプラン設計を相談することをおすすめします。

よく読まれている人気記事

がん保険ランキング2018~現役FP100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒

-未分類

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.